9月になりました。
早い物で今年もあと4ヵ月とか。

こんにちはふぇざ~です。

ロクでなし魔術講師と禁忌教典の1巻を読んだので感想を。
ネタバレはあったりなかったり。
f0176460_13364238.jpg
前の仕事をやめてからと言うもの、長い付き合いで同居人のセリカに養われている主人公のグレンでしたがセリカの強引な後押しに負けてアルザリーノ帝国魔術学園の非常勤講師をやらされると言うのがこの物語の始まりでした。

そんなグレンでしたが強引やらされていることもあってやる気はゼロ。
受け持ったクラスの生徒もグレンの態度を見て呆れ果てる中、ヒロインの1人システィーナ(システィ)だけはなんとかしようとグレンに絡んでいくものの相手にされず、とうとう切れた彼女はグレンに決闘を挑むことになるのでした。

本来なら先生と生徒なのでとうぜん結果なんて決まりきっていますよね。
そうなんですシスティの圧勝でしたw
そして生徒にボロ負けしたのも関わらず言い訳をして逃げるグレン。
そのあともシスティを泣かせたりと本当にタイトル通りのロクでなし主人公でしたね。

自分は講師に向いていないとやめようと思うグレンでしたがシスティの相棒的存在でもう1人のヒロインのルミアが空き教室で魔術の練習をしており、それを助けることに。
グレンに感謝して一緒に帰ることになったルミアはグレンにシスティの夢を話すのでした。
それはシスティの祖父が考古学者で「メルガリウスの天空城」と言う空に浮かんでいる謎の城があり、誰も解き明かしたことのないその城の謎を解き明かすのに人生を捧げたのですが結局何も出来ないまま亡くなってしまい、それを引き継いで叶えるというのがシスティの夢でした。

その話を聞いたからかグレンはシスティに謝罪し、始めてまともな授業をすることになります。
しかも今までは魔術とはこういうものなんだと勝手に思い、ひたすら覚えると言ったことをやっていた生徒たちはグレンの魔術の本質を捉えた「本物の授業」は魅力的でガッチリと心を掴むのでした。

そんなグレンのクラスは前任の講師が突然失踪してしまったため授業が遅れており本来なら休みの所をグレンのクラスだけ授業をすることになったのですがそこをテロリストに襲撃されます。
そのテロリストにルミアが連れ去られ、システィまで犯されそうになるのですがそこにグレンがやってきて自身の固有魔術「愚者の世界」で相手の魔術を封殺し、拳闘で倒すと言う最近のラノベ主人公がもっている無効化系の能力をグレンも持っていましたね。
始めこそダメな先生でしたが実はすごい人なんじゃと匂わせてきましたねグレンは。

そのあともテロリストたちをシスティと2人で倒して行き、ルミア救出へ。
しかしルミアの周りには高度な術式が組めれており、それを制限時間が迫る中ボロボロになりながら解除するグレンはかっこいいの一言でしたね。
最後はルミアが「異能者」であることが判明し、その異能(触れている人間または魔術を何十倍にも増幅する)でグレンを助け黒幕もぶっ飛ばし事件が解決しました。

そしてルミアの正体が帝国の元王女だったこと判明しグレンも非常勤講師から正式に講師にランクアップした所で今回は終わりでした。
大分端折りましたがこんな感じで。

このロクでなし魔術講師と禁忌教典という作品ですがアニメ化した時に見ておもしろくてアニメ終わっても原作で続き読もうと考えてはいたのですがなかなか時間が無くいつか読もういつか読もうと思いながらも数年たち、古本屋さんにも並ぶようになったので今回買って読みことになりました。
現在12巻まで出ているので読んで感想書いてまでやるとなかなか大変なのですが13巻発売までと考えればそうでもないでしょうかね。
なかなか読んでいて王道的なストーリーではありますが読みやすいし惹かれるのもあるので先が楽しみです。

とりあえず今回はこんな所で。
ではでは。


[PR]
# by habatakechicken | 2018-09-01 15:29 | 愛読書 | Comments(0)

8月ももう終わり。
お盆前の暑い日が嘘のように先週あたりから雨ばかり。
暑いか雨かと言われると外で仕事する身としては微妙な所なんですよね。

こんにちはふぇざ~です。

松屋の「鶏のバター醤油炒め定食」が昨日から販売を開始したので食べてきました。
f0176460_13524378.jpg
この「鶏のバター醤油炒め定食」ですが新発売と思ったら3年連続の復刻商品みたいですね。
私も食べているときにこれ食べたことあるかもと思いブログをさかのぼったら1年前の記事に書いてありました><
ただ今回はバター30%上量とのこと。
元の量がどれだけ使っているのか分からないので上量とか言われてもピンとこないんですけどねw
f0176460_13524368.jpg
食べた感想ですが商品が来たときに香るバターがやはり良いですね。
これぞバター焼きと言う所でしょうか。
松屋さんの鶏肉は相変わらず大きく切っており食べ応えがあり、それでいてジュシー。
玉ねぎのほうも甘く柔らかくなるまで火を通しており、鶏肉との相性も抜群。
鶏肉、玉ねぎ、バター醤油と本当にご飯が進むおかずでした。
ニンニクを使っているそうですが私は気にはならなかったのですが食べている自分だけ気がつかない可能性があるのでそのあたりは注意ですね。
復刻商品でしたが3年連続と言うこともあり間違いの無い味でした。
美味しかったです。

気になった方は食べて見てはいかがでしょうか。
今回はこんな所で。
ではでは。


[PR]
# by habatakechicken | 2018-08-29 14:21 | 食事 | Comments(0)

台風接近で天気が悪いです。
私はこのここ数年行ってませんが8月の最終週の土日は地元周辺のあちこちで祭りをやるのですが天気に恵まれないのが可哀想でしたね。

こんにちはふぇざ~です。

最近新作のエロゲーに惹かれる作品が無いので古い作品をってことであっぷりけ様の「花の野に咲くうたたかの」をプレイしたので感想を書きますね。
f0176460_08551822.jpg
あらすじ
人の痕跡が「色」として見えてしまう能力を持っている主人公「新道道隆」は両親に言われ幼い頃通った「桜花荘」で1人暮らしを始めることになる。
そんな中、「色」を持たない少女「桜花」が目の前に現れ、自分は幽霊的な存在であると言うのであった。
道隆の1人暮らしはそんな彼女との同居生活から始まり、そして様々な事件に巻き込まれていくのであった・・・

正直今更感のあるゲームなので色々省きます。
いつものように各ルートの内容と軽い感想を。
順序は私は攻略した順になります。

井之上 麗奈
f0176460_08541532.jpg
道隆の2歳からの付き合いの幼馴染。
このルートは学園の怪談を調べて行く過程で中学時代の同級生「波多野 美奈」の存在が浮かび上がり、その美奈が麗奈と共通の悩みを抱えており家庭内の事情であることでプライベートに踏み込むか悩むのですが麗奈のことが気になって首をつっこむことにする話でした。
感想としては麗奈よりも道隆が当初美奈に嫌われていると思っていたのですが実は中学時代のことで逆に感謝されており、個人的にはそのエピソードが良い話だったので麗奈よりも美奈のほう良い印象でした。
あと完全に「悪」だと思っていた麗奈の父親が実は道隆のためにやっていたことによってそういう風に見えていただけとか道隆の周りは良い人しかいないんだなと思いましたねw
麗奈が完全に1人相撲している感じ?だったように思えましたね。

薬師 涼子
f0176460_08545870.jpg
道隆たちの後輩の女の子。
ルート内容は道隆が急に涼子のバイト先でバイトをすることになり、そので起きている事件を解決していく過程で涼子を好きになっていましたって言うお話。
麗奈や汐音、桜花たちと比べてただの後輩という関係のせいかなんか影が薄い・・・(そういう意味では雫もそうですが)
話のほうもこのルートだけ大筋の所を何も絡んでいないせいか終始涼子とイチャラブして終わりだった印象でしたね。
と、言うより全体的にどんな内容だったかおもいだs・・・
製作陣は涼子が可愛かった分なんとか攻略対象にしたかっただけだったのかも?

鵲 雫
f0176460_08545808.jpg
道隆の先輩で学園の生徒会長。
学園の怪談を超常現象大好きな雫と2人で追うお話。
怪談を追っている段階でこのゲームの重要アイテムである「鏡石」の存在と説明がされるルートでもありました。
感想としては怪談の実験中、雫が何者かに命の危険がある悪戯をされ、道隆の能力でそれが雫の中の良い友達の1人で雫も主人公たちの協力で犯人を炙り出す大掛かりなことをするのですがお互いそんなことをしたにも関わらず事件後元の鞘に戻ろうとするのがなんかありえないと思いましたねw
あと鏡石を使い、怪談を検証しようとして時間の止まった空間に2人で隔離される現象に遭遇して2人して壊れかけるのがそれが私のトラウマである「5億年ボタン」を思い出させてくれてなんか嫌な感じになりましたね。
なのでこのルートの感想は「スッキリしなかった」でしょうか。
「5億年ボタン」を知らない人はググッて見てください。
ただ調べると閲覧注意とか出るので分かるようにあまり気分の良いものではありませんのでその辺は自己責任でお願いします。

藤宮 汐音
f0176460_08554103.jpg
道隆の幼馴染で従兄弟関係の女の子。
ルート内容は雫で出た「鏡石」に関わる事件についてのお話。
鏡石には鏡石で体を傷つけると「過去の記憶から当時の出来事をもう一度体験できる」のですが使用しつづけると薬物中毒みたいになり、そのせいで鏡石をチンピラどもが奪い合う事件が発生し道隆が巻き込まれその過程で汐音が鏡石で手を切ってしまい、そのせいで道隆を好きという部分が強く出てその結果幻覚状態で道隆を襲い肉体関係を持ってしまいました。
それを気に告白して付き合うのですがこのヒロインの可愛そうな所は主人公とくっついた時点であらかた終わりということ。
鏡石自体が昔は桜花荘にあったものとか鏡石が汐音のトラウマの原因だとかの補足はあるのですがそれにしても汐音はメインに近いキャラとしてはなんか可哀想だと思いましたね。
話の流れも途中まで桜花と共通だし。

桜花、花の野に咲くうたたかの
f0176460_10342351.jpg
桜花荘に存在する幽霊的存在であり道隆の相棒的存在の女の子。
桜花ルートとグランド的存在の花の野に咲くうたたかのルートが桜花メインなので同時に感想書くことにします。
桜花ルートでは汐音ルートで起こった事件を機によく強く2人の絆が深まり、結ばれることに。
桜花の「私もあなたのことが好きよ」と言うプロローグで道隆を騙している時の性格で言う台詞がその時から好きだったという事でなかなかニクイ演出だと思いましたね。
グランド的存在である花の野に咲くうたたかのルートではこの物語の伏線のある桜花の存在、道隆の能力と言った謎だった部分がすべて回収されるルートでした。
その謎を2人で解明する過程でおかしいのは周りではなく自分たち、特に道隆であるという結論にいたり桜花は道隆の能力で自身が存在していることに気づきます。
その負担は半端なく、それを知った桜花は消えることを望むのですが道隆がそれを望むわけもなく、自身の能力を使いそしてヒロインズや周りに人たちのおかげで桜花は幽霊から人間になり、道隆も手術の結果能力に苦しむことがなくなりましたと言う大団円でした。
このルートの感想としては桜花がとにかく可愛いことと誰1人として何も失うことも無くみんなハッピーでしたと言うご都合エンド過ぎだったような気もしますがこのくらいがいいということにしておきましょう。

全体的感想。
まず今更このゲームをやった理由ですがDMMさんの夏の半額セールの対称だったからです。
もともと体験版やって買おうかなとは思っていたのですが気づいたら発売日過ぎており過ぎたら過ぎたでもうやらなくていいかみたいな感じだったのですよね。
ただ半額だし時間あったのでこれを機にちょっとやって見るかと思ったのが理由でした。
ゲームの感想としては様々な方の感想ブログを覗いており大体分かってはいたのですが「全体的にシナリオが短い」と言うのは私も思いました。
まぁ時間のない現代社会人にはちょうど良い長さだったのかもしれませんねw
あとはどのルートも盛り上がりに欠けていたかなと思いました。
いつ盛り上がるんだと期待していたら終わったよ言う感じでしょうか。
たぶん主人公が能力のリミット解除して事件を解決する所が各ルートの盛り上がりポイントだったのでしょう。

女の子は可愛い、雰囲気も結構好き、テーマも悪くないのですがなんか神作、良作とは言いづらいそんな作品でしたね。
色々と書きましたがなんだかんだで私は結構好きでした。

今回はこんな所で。
ではでは。


[PR]
# by habatakechicken | 2018-08-26 11:29 | ゲーム | Comments(0)

今週はお盆休みもあって2日行ったら休みだったので楽でしたね。
有給とか使って9連休した人も今日でお盆休みは終わり。
さぁ明日から社蓄の日々の始まりですよw

こんにちはふぇざ~です。

デート・ア・ライブの19巻を読んだので感想を。
ネタバレありなので嫌な方はそのまま閉じてください。
f0176460_09160175.jpg
前回、狂三とのデート中DEMが襲来してラタトスク側もこれに対抗して全面交戦に。
その最中狂三と分かり合うものの狂三の中から始まり精霊「澪」が現れ状況は一変。
愛する「崇宮真士(シン)」を蘇らせるために強力な2体の天使を使い次々精霊たちを殺しまわり、ついには士道に襲い掛かるのですが狂三の機転で過去に戻り澪の正体である令音にデートを申し込むのでした。
って所からでしたね。

始原の精霊である澪に士道でしたが澪がいかに強力であろうと精霊なら自分の力で封印できると考えた士道は澪の正体である令音をデート誘います。
そしてフラクシナスのAIであるマリアを始め精霊たちに協力してもらい、この時点では味方ではない狂三にも情報を流し「俺たちの戦争(デート)を始めよう」と戦争を開始。
f0176460_09170724.jpg
令音には士道が未来から戻ってきたことがばれた時点で終わりという緊張感の中、今回の攻略にはフラクシナスのメンバーに加えて精霊たちも参戦したせいかいつもある選択肢の場面ではだいたい一つはあるふざけた回答を折紙、二亜、美九と言った変態メンバーが選んだり、士道と令音が2人で風呂に入れば私も士道と入ったことがあるとなぜか精霊たちのお風呂自慢大会に発展したりとこの緊張感の無い感じはもはやお約束ですねw

それにしても今回の戦争(デート)がいつもと違うのは「澪がシンを愛している」と言うこと。
そのシンを超えてデレさせなければならないといけないと言うなんとも難易度の高い戦争なんですよね。
過去の自分と言うかオリジナル的存在から女を奪い取る。略奪愛!略奪愛なのか!!

そんなデートを着々とこなして、最後に30年前にシンが澪をデートに連れて行った海に連れて行くと言う賭けにも近いことを士道は行い、令音はその海でシンとのことを思い出すかのように士道と2人で過ごすことが楽しくて心を開き、ついにはキスにまで至るのですが失敗・・・

好感度を封印できるまでにあげたのに失敗したのは令音が澪が愛していたのはあくまでシンであり、好感度が上がったように見えたのは士道をシンとして見ていたから。
ただ失敗するだけならよかったのですが士道と令音の間に経路(パス)だけは繋がってしまい記憶を共有してしまった結果未来から戻ったことがバレ、時同じくしてDEMのアイザックもベルゼバブの能力で未来を知り本来ならもっとあとで攻めてくるはずが前倒しで士道たちを強襲してくると言う最悪の展開に。

しかも今までは関係ない人は巻き込まない、目撃者を作らないと言った最低限のことは守っていたDEMも力を手に入れた後世界を作りかえれば関係ないと町で大暴れして士道たち関係者を人質に取るという暴挙にまででるのですがラタトスク側と言うよりは精霊たちですが封解主で精霊たちを各地に転送して対応。
これによって少なくても士道たちに近い人間に十香たちが人間でないことがバレて琴里及びラタトスクは火消しが大変そうですねw

ただこれもすべてアイザックの計画で士道と精霊たちを引き剥がす囮。
アイザック自身が士道のセフィラを奪いにフラクシナスに乗り込んでくるのですが奇襲かけてきた狂三にアイザックがもっていた二亜にセフィラを逆に奪われ撤退。
狂三が二亜のセフィラを手に入れたことにより士道と合わせてすべてのセフィラが一箇所に集まったのを澪が見逃すはずが無く今度は澪と対峙。
未来で絶望的なまでに力の差を見せつけられた澪に対して士道は言います。

「真士はもういない」
「仮に士道から士道の記憶を消しても・・・それは真士なのかと・・・」

この手の話にはよくある設定ですが人間に魂と言う概念があるのならどんな理由があるとしても30年前にシンの魂は消滅しているって言うことですよ。
だから澪がどんなにすごい力を持っていてシンを産みなおしたと言ってもそれはシンの姿をしてシンの記憶をもった別人と言うこと。
だから士道が言っているのは澪がどんなにすごい力を持っていてもシンに似た別人を生み出せてもシン自体を蘇らせたわけではないと言う辛い現実なんですよね。

そんな士道の言葉を認められない澪は士道を消そうとするのですが狂三がキスをしてくれたおかげですべての精霊の力を宿した完全体になりなんとも熱い展開に。
前々からですが要所要所で狂三は本当にいい働きをしますよね。
f0176460_09170737.jpg
完全体となった士道は令音とのキスにより繋がった経路から共有した澪の記憶からある可能性に気づき澪にキスを。
キスをしたことにより「輪廻楽園」で創られた空間の中でさっきまで敵同士だったにも関わらずその空間で楽しむ士道、シン、澪、令音の4人。
そんな楽しい時間が永遠に続けばいいと願う澪に対して永遠は続かないと澪との決着をつけようとする士道は共有した記憶から導き出した可能性それは士道を生み出した本当の目的は自身を殺せる存在として生み出したのではないかと言うこと。
澪自体もうすうす気づいており、なら殺してくれるのかと士道に聞くのですが士道がそんなことを受け入れるはずもなくシンも澪に生きてほしいを願うのでした。

澪を説得し分かり合えたかと思ったらアイザックが「精霊術式」と言う澪を生み出した秘術を使用してアイザック自身が精霊となり世界を作り変えようとしていることが分かると澪がシンと出会ったこの世界を作り変えさせるわけには行かないと士道と協力してアイザックと戦うことに。
f0176460_09170748.jpg
「輪廻楽園」の外ではすでに十香たち精霊がアイザックと戦っているのですが澪と同等の力を持ったアイザックに成すすべがなかったのですが士道と澪が駆けつけ最終決戦へ。
精霊たちと澪に援護してもらい、士道はアイザックをぶん殴って主人公らしく勝利するもののアイザックに道連れにされそうになるものの、そこを澪に助けられそしてアイザックの霊力が暴走してこのままではこのあたりが消し飛んでしまうと自身の「   (アイン)」で対消滅させればと士道が止める中、アイザックの魔力とぶつかり合って澪が消滅。
シンを蘇らせる為にたくさんの犠牲を生み出してきた澪は許されることはないのでしょうけど消滅の最中、幻覚かもしれないけど最後はシンと添い遂げて消滅って言うのがせめてもの救いなのかなと思いましたね。

みんなが生きのびたとは言え澪を失ってしまい悲しみにくれる士道。
そんな澪のセフィラを十香が奪って・・・

と、言う所で今回は終わり。
かなり端折りましたが流れ的にはこんな感じでしょうか。

あとがきにもありましたがこのデート・ア・ライブという作品は崇宮澪の愛の物語でしたね。
こうやって今までを振り返って見ると愛するシンを蘇らせる為に澪が色んな物を犠牲にして歩んできた道のり、そしてそれに巻き込まれた士道と精霊たちの物語言ったら聞こえは悪いですが蓋を開ければホントそんな感じでしたね。
今回でその澪、アイザックと言った元凶たちが退場して伏線も回収し、なんか最後に士道は精霊たちと楽しく暮らしました的な後日談で終わりでも良い様な内容だったのですがやはり最後は十香で締めくくるみたいですね。
18巻で澪が言っていたように澪がシンに名前をもらったように士道に名前をもらった特別な存在な十香。
彼女ははたしてメインヒロインなのかそれともラスボスなのか。
気になるところで次回に期待しましょう。

今回はこんな所で。
ではでは。


[PR]
# by habatakechicken | 2018-08-19 15:48 | 愛読書 | Comments(0)

お盆休み2日目。
家族サービス期間中でございます。

こんばんはふぇざ~です。

今月初めに公開された「ミッションインポッシブル フォールアウト」を見にいってきました。
f0176460_09173972.jpg
あらすじ
盗まれた3つのプルトニウムを回収するミッションについていたイーサン・ハントと仲間たちだったが、回収目前で何者かによりプルトニウムを奪われてしまう。
事件の裏には、秘密組織「シンジケート」の残党が結成した「アポストル」が関与しており、手がかりは「ジョン・ラーク」という名の男だった。
ラークが接触するという謎めいた女、「ホワイト・ウィドウ」に近づく作戦を立てるイーサンとIMFだったが、イーサンの動きに不信感を抱くCIAが、監視役として敏腕エージェントのウォーカーを送り込んでくる。イーサンは疑惑の目を向けるウォーカーを同行しながら、ミッションを遂行するのだが……。(映画.com様 参照)

感想。
とにかく見所は50歳を過ぎた主人公イーサン役のトム・トルーズのアクションだと思いますね。
全力で走ったり、跳んだり、街中でカーチェイスしたり、命綱なしで壁登ったり、今回に限っては落ちたりと本当にすごい!!
私なんかまだ30そこそこですが仕事柄20、30キロの物をもって建築途中のマンションの屋上まで登って仕事していますが上りきったらゲボゲボ言ってますもん。
この仕事50までやれるかなとか思っている私にとってはトム・クルーズは本当にすごいと思いましたね。

ストーリーのほうは大まかに言うと「正体不明の敵を探しながら核爆弾の起爆の阻止」なので始めから敵味方の騙し合いで最後も爆弾が爆発しそうになりながらもチームで協力して敵に立ち向かうと言う終始ハラハラドキドキの2時間半でした。
話の流れが爆弾の起爆を阻止せよと言う流れになるとどんなお話も似たり寄ったりになってしまい、この映画もありがちと言えばありがちな内容ではありましたがおもしろかったですよ。

気になった方はぜひ映画館の大きな画面で見てほしいですね。

今回はこんな所で。
ではでは。

[PR]
# by habatakechicken | 2018-08-12 23:59 | 日常 | Comments(0)