<   2018年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

GW前半最終日。
初日特に何もせず、無駄に過ごしたけどまだ2日あると言い聞かせ。
2日目まだ1日あると言い聞かせ。
3日目に気づいたら前半戦終わってましたw
やはり休みになってから予定決めたのでは遅いですね。

こんばんはふぇざ~です。

3日間ずっとぐだぐだしていたみたいに思われるのもあれなのですが。
今日はちょっとした整理をしていました。

そう、ここ最近買ったエロゲの箱ですよ。
あんなのはどうでもいいと言えばいいですが棚に飾っておく勇気もオタク愛もないので。
30超えてるのにやってることがエロ本隠す中学生となんらかわらんとか自分でも馬鹿じゃないかと思うのですがその辺に置いておくのも不安なので物置と化しているクローゼット奥深くにあるダンボールに隠すことに。

そのダンボールもここ10年間に買ったエロゲの箱の隠しダンボールがんばってくれていたのですが満杯だったのでしかたなく大量の中箱を廃棄。
f0176460_19074714.jpg
これね。
エロゲの箱って色んな意味で捨てにくいんですよね。
売る気もないしプレミアとかどうでもいいのだけど中身と箱含めて一品的な感じがして箱が廃棄できない・・・
それでも今回中箱だけ廃棄したのですが。
f0176460_19065304.jpg
最近のタイプって言うのですかね。
外箱と中箱の一体型がどうしたらよいのやら・・・
そこはもう捨てるしかないでしょって言うのはわかるのですが捨てにくい・・・
それでも死ぬ前には何とかしたいですね。
私が死んだらエロゲの箱の処分を!!とか誰かにやらせたくないのでw

と、今日はそんなことを書きたいわけじゃなくてですね。
色々とダンボール漁っていたら私の黒歴史もとい思い出の品の数々が出てきたのでちょっとネタになるかなと思い書いてみました。

まずはこのあたりから。
f0176460_19073492.jpg


f0176460_19073410.jpg

f0176460_19073456.jpg
説明書やらゲームの箱やらですね。
だいたいの人がソフト以外は捨ててしまうのではないのでしょうか。
私も家庭的なルールでそんなにお金が使える子供ではなかったので当時は箱なし中古品ばかり買っていましたが今日調べたら新品で買った品はだいたい箱と説明書、あとよくわからんはがきまで全部揃っていました。
自分でも驚きですが結構美品です。
まぁ有名作ばかりなので箱説明書ついても価値はたかがしれているでしょうがね。

最近リメイクでやった聖剣2のSFCの説明書とかポケモンのリアルタウンマップとかまだあるとか思いませんでしたw
f0176460_19073462.jpg
あとこんなのとか。
さすがに本体の箱はかさばるので捨てましたが説明書がまだあるってちょっと驚き。
f0176460_19073498.jpg
あとこのあたりですかね。
インターネットの普及で滅びただろう攻略本。
え・・・まだ存在します?
f0176460_19073575.jpg
次はおもちゃ類いってみましょうか。
これ「プラコロ」っていうおもちゃなのですがたぶん持っている人少なかったじゃないですかね。
有名なポケモンを使っていますがかなりマイナーなおもちゃじゃなかったのですはないでしょうか。
当時私はこれがやりたかったのですが見た感じわかりますよね。
これ対戦ゲームなのですよ。
1人じゃできないんですよ。
なのでこの手の対戦ゲームはだいたい弟を強引に誘ってやったのですが弟はやりたくてやったわけではないのですぐに飽きてしまうのです。
当たり前ですねw
そのあとは対戦相手がいないので私がコレクター化してどうにもならなくて引退と言うのがお決まりのコースでした。
なのでこのおもちゃ、ぜんぜん遊んでいないので美品ですw
f0176460_19074059.jpg
次、ポケモン繋がりで「ポケモンカード」いってみますか。
これは全国的に流行ったのではないのでしょうか。
私も周りの友人たちがやっていたので対戦やりましたね。
唯一弟以外で対戦しかゲームかもw
私は水主体のデッキ使ってました。
あとロケット団編の悪いポケモンが中二心をくすぐられて好きでしたねw
なんか途中で裏側のデザインが変わってカード使えなくなった時があり、それで引退した記憶があります。
あれはお小遣が少ない子供にとって大変ショッキングな出来事だったのではないのでしょうか。
なんで今まで必死に貯めたカード使えなくしてしまうのよ・・・

ちなみにポケモンカードは全体的にかなりボロボロですw
それだけ対戦したと言うことであり私がボッチではなかったと言う証でもあります。
f0176460_19074035.jpg
バンダイ版の遊戯王ですね。
たまには弟のほうに付き合ってやるかと言うことで弟が友達とやっていたこの遊戯王を一時期やっていました。
これパックとかじゃなくてカードダスで買うと言う今で考えると斬新かも。
サーチできんしw
遊戯王のゆの字も知らなかったのですがなにげなくやったら「メテオブラックドラゴン」出して主力にデッキ組んでいました。
かなり思い入れのあるカードのせいか今でもメテオブラックと融合素材であるレッドアイズが好きなカードですね。
f0176460_19074002.jpg
次これね。
「ミラクル・オブ・ザ・ゾーン」という大貝獣物語をテーマにしたカードゲームです。
当時私はコミックボンボンを買って読んでおりそこでこのゲームをテーマにした漫画があったのですよ。
それでやりたくなり買ってやってましたね弟とw
ただこれも弟がすぐやめたので私もすぐやめました。
ルールがよくわからないのとあんまりおもしろくなかった記憶が・・・・
「なんちゃらコンボ」とかほえていましたねw
対戦数少ないのでカード自体は美品です。
f0176460_19074165.jpg
今度はモンスターファームですね。
たしかこれはアニメ放映あたりから販売開始されたのではないのでしょうか。
ただこれもルールがよくわからなかったのとおもしろくなかったのですぐやめた記憶があります。
あとマイナーすぎて売っている場所が少なかったのが問題でした。

あとハイパーヨーヨーとかミニ四駆とかビーダマンとかコロコロコミック系のおもちゃは大体の人が知っているので載せてもおもしろくないので省きます。
こう考えると私結構人がやっていないのやりたがる子供だったみたいですね。
「俺だけがやっている。カッコいい」みたいな?
実際は対戦相手がいないボッチデュエリストなだけでしたねw

まぁなんかさみしいと感じるもいい思い出だったのではないのでしょうか。
と、言うか私がだいたいのことをソロで楽しもうとするのはこのあたりのことが原因な気がしてきました。

とりあえずエロゲの箱は死ぬ前になんとかしないと。
100金で売ってたPS2のケースつかってなんとかならないかとちょっと考えているのですよね。
そのあたりもおいおいなんとかします。

と、言うわけで今回はこんな所で。
ではでは。


[PR]
by habatakechicken | 2018-04-30 23:59 | 日常 | Comments(0)

GW初日。
よし、せっかくだし何かやろうと思いながら何もやらず終わってしまいました・・・
まだ初日だし思ってると中盤になって気づくと何もせず終わってるパターンなんですよねこれが。

こんばんはふぇざ~です。

ぱれっとの新作「9-nine-そらいろそらうたそらのおと」をプレイしたので感想を。
ネタバレあるので嫌な方はバイバイで。
f0176460_20360025.jpg
あらすじ
学園都市である白巳津川市で新海翔は、普通の学生らしい平穏な生活を送っていたが、とある出来事をきっかけに異能に目覚めた少年少女たちの巻き起こす数奇な運命に巻き込まれていく(wiki参照)

前作と言うとちょっと違うのですが「9-nine-」シリーズの第2部と言うことで今回はヒロインは主人公翔の妹の天になります。
都編は正直微妙だったので今回はどうしようと思ったのですが体験版だけならおもしろそうにみえるのですよ。
値段も3000円だし買うかってことで今回も購入いたしました。DMMのDL版ねw
f0176460_20360012.jpg
分割商法ということで今回のヒロインは上でも書きましたが主人公翔の実妹の「新海 天」となります。
この天なんですがとにかくうざい!うざいのですが可愛いのですよ。
主人公側のメンバーの中ではお笑い担当っぽいのですが実は人見知りだったり臆病だったりと主人公がシスコン気味になるのもわかるそんなキャラでした。
能力は「存在感の操作」で対象の人や物を目立たなくすると言うもの。
ただし相手によっては能力が効かない事も。
f0176460_20360039.jpg
今回の話の流れとして能力を持った人間ユーザーを探す過程でユーザーによって構成された組織リグ・ヴェーダに遭遇してそこのリーダー「司令官」に仲間になれと言われるのですが彼らの思想である「ユーザーのための理想郷を作ること」。
そのためなら人殺しも容認と言う考えに賛同できず決別。
彼らのメンバーの1人であるフード被った少女「ゴースト」に狙われることになるというのが前半の話でしょうか。
f0176460_20360612.jpg
同じ能力を持った人間を探すと平行して前回「都」編での話であった石化事件の犯人を追うと言う目的が翔たちにはあったのですがその石化能力をもっていたのがゴースト。
ゴーストに狙われ石化能力で殺されかける翔ですが天の能力でゴーストの存在を消滅させなんとか危機を脱するのですがその代償として能力が制御できず天が周囲から存在を忘れられてしまう事態に・・・
序盤、翔と兄弟で馬鹿ばっかやって笑わせてくれたのに周囲から認識されず忘れられていくとかなかなかに重く辛い場面でしたね。
その周囲から忘れられる=死を意識した天は実の兄である翔に秘めていた想いをつげます。
それは翔を1人の男性として愛していると言うもの。
実の兄妹での恋愛は禁忌にも等しいことですがこんな状況なら叶えてやるべきか悩む翔ですがすべてを解決してから告白しろと天を叱咤激励して生きる力にしたのですよ。
f0176460_20360638.jpg
最終的に翔たちの協力者?で異世界の住人ソフィーによって天の能力を解除することができ、解除できたことによりみんなの記憶がもどり翔、そしてヒロインズの活躍によってゴーストを撃破。
ゴーストの死が能力の使いすぎによる自滅か翔が殺したが微妙なラインでそのあたりで一悶着ありますがゴースト戦はそんな感じでした。
そのあとは天の想いを受け入れると言うか性欲に負けてズッコバッコンしたのですがエロシーンも馬鹿っぽさ満点でここまでエロくないエロシーンもはじめてかもと思ってしまいましたw
1回だけ思い出とかヤリ捨てて良いからとか言いながら全力で翔にアプローチかけていく感じだし翔のほうもウザイとかひくとか言いながらも今の関係にまんざらでもないと言う感じの終わりでした。
この兄妹はこんな感じでやっていくのが一番いいのかもしれませんねw
f0176460_20360673.jpg
前回もあった次回への伏線。
今回はゴースト戦で翔を助けてくれたり天の薬を用意してくれたりと協力的であったソフィーでしたが最後の与一との会話で次は敵かも?
今回の話の流れや前回のパターンで行くと次は春風ルートで敵は与一なんですかね。
なんとも言えませんがゴーストがソフィーの事知っていたり、都だけ名前で読んでいたり伏線張りまくりだったんですよね今回。
なんだかんだで次も気にはなるので買うつもりですがこのシリーズ1年に1ルートとか販売間隔をもうちょっとどうにかなりませんかね。
すべてのルートを集結する話が販売されたとして何年後になんでしょうかねw

翔の声優さんが「とあ○魔○の禁○目○」の上○さんでキャラ設定とか戦闘方法がとりあえず特攻みたいな所とか被りすぎていて笑えましたね。
今回登場した「司令官」もあの有名な方でガンダムの台詞パクリまくっていたけど大丈夫なのかこのゲームと思いながらプレイしていましたw

超絶おもしろいと言うほどではありませんが気になった方はプレイしてはいかがでしょう。
次回がもうちょっと早く発売しないかなと淡い期待をしながら待っているとしましょう。

今回はこんな所で。
ではでは。


[PR]
by habatakechicken | 2018-04-28 22:43 | ゲーム | Comments(2)

明日からGWに突入ですね。
私もできる限り休むために今週は結構無理をしましたがだいたい休めることになりました。
あとは休み中にお客様から催促の電話がかかってこない事を祈るばかり。

こんばんはふぇざ~です。

前回、食べると宣言した松屋の「ごろごろチキンのてりたま丼」を食べてきました。
f0176460_09115194.jpg
画像はライス大盛りです。
年齢考えると大盛りより生野菜をつけるとかしたほうがいいのですが気分的にガッツリいきたかったので大盛りにしました。
あと懐具合ですかね。
期間内じゃなかったので大盛り分自腹でしたw
f0176460_09132630.jpg
まず目がいくのが名前の通りの大き目にカットされた鶏肉がご飯を覆い隠すかのごとく大量に入っていることですね。
そこにお肉と共に甘くなるまで炒められた玉ねぎ、シャキシャキ感出すためのネギ、あとは海苔やら半熟玉子やらがのっていました。
半熟玉子をつぶしぐちゃぐちゃに混ぜて食べるとちょっとかわった親子丼みたいになるんですよ。

味の感想ですがご飯に色々ぶっけて食べる丼は好きなほうなので美味しいと思いました。
お肉は大きくカットされて食べ応えがありたくさん入っているのでうれしいですね。
かかっていたソースが私好みの甘辛さでソースと半熟玉子だけでもいけたくらいでしたw

ただ私自身が歳なのかお肉が多いかなと思う所ともうちょっと安いとうれしいんですけどね。
ワンコインくらいでw
あんまり言うとクレーマーになるのでこのあたりにしておきます。

食べ応えのあるメニューでガッツリ系好きな方には良いのではないのでしょうか。
気になった方ぜひ食べてみてください。

今回はこんな所で。
ではでは。

[PR]
by habatakechicken | 2018-04-27 23:59 | 食事 | Comments(0)

また年金が引き上げられるような話がでてますね。
この手の話はテンション下がりますわ・・・
自分勝手と言われそうですがどこぞのわからん人に納めたお金使われるくらいなら年金やめて自分で管理したい今日この頃。

こんばんはふぇざ~です。

正直書く意味がたぶん無い飯ネタです。
ラノベもエロゲーも読みたいものもやりたいものも当分出ないので強引にネタ引っ張り出さないと書くもの無い・・・辛い。

と、言うわけで今日から販売が開始された松屋の「ブラウンソースチーズハンバーグ定食」を食べてみました。
たぶん限定販売だと思います?
f0176460_15124072.jpg
内容はこんな感じ。
おかず以外はいつも通りですね。
ブラウンソース、チーズ、ハンバーグとどれもこれも美味しいのにそれをいっしょの所にぶち込んで不味いはずがない!!
これはもう約束されたメニューでしょってことで朝から楽しみでした。
f0176460_15124030.jpg
約束されたメニューと言うことでまずいことはないと思っていましたが普通においしかったです。
約束されたゆえに想像できた味とも言えましたね。
ただ文句を言うとするともうちょっと熱々で提供してほしかったかも。
チーズがトロトロなのがホント最初だけですぐ固まってしまうんですよこれ。

ブログのネタとしては面白みが無くてつまらなかったかもしれません。
食べる身としてはまずかったらかなわないのですがw

間違いの無い味なので気になった方は食べてみてはいかがでしょうか。
私はちょっと前に販売された「ごろごろチキンのてりたま丼」というのを隣の方が食べていていてむちゃくちゃおいしそうだったので次はそっちいってみようと思います。

今回はこんな所で。
ではでは。


[PR]
by habatakechicken | 2018-04-24 20:00 | 食事 | Comments(2)

忌引きとは言え長い休みだったので仕事始めが4時起き5時出はかなりきつかったです。

こんばんはふぇざ~です。

聖剣伝説2プレイ日記22回目。
長かったこの日記とうとう最後になりました。

前回、シールドが消えたマナの要塞に侵入した勇者一向。
宿敵だったタナトスを倒しましたがプリムの想い人ディラックは帰らぬ人に・・・
悲しみにくれる中、ポポイに異変が。
って所でしたか。
f0176460_17430356.jpg
タナトスを倒したせいなのかマナの要塞がガタガタ揺れ始め、ついに神獣が現れました。
マナの樹に言われた通り神獣を倒しに行こうと促すポポイ。
f0176460_17430359.jpg
ついにこれが最後の戦いになるのですがランディの様子が・・・
f0176460_17430358.jpg
神獣を倒すことはできないと言うランディ。
土壇場でびびったのかとも思いましたがそれは違うのですよね。
f0176460_17430347.jpg
神獣は現状世界中のマナを回復させることができる唯一の方法。
倒してしまえはマナが枯渇状態にあるこの世界からマナはなくなってしまう・・・
f0176460_17430968.jpg
マナがなくなってしまうと妖精や精霊は存在できないってジンを仲間にしたときポポイのじっちゃんが言ってましたね。
f0176460_17430993.jpg
でもポポイは言います。
死ぬわけではなく人間の世界と妖精、精霊の世界とで分かれてしまうだけだと。
f0176460_17430979.jpg
ここで神獣を倒さなければ世界が滅んでしまう。
f0176460_17430966.jpg
そうなったら妖精や精霊だけではなく人間を含むそのほかの生物も死んでしまうと。
f0176460_17431420.jpg
だから神獣は倒さなければならない。
もう答えはでているみたいなのですがそれをできるのが聖剣を抜いたランディだけってのがまた辛い所なんですよね。
それでも迷うランディ。
f0176460_17431400.jpg
だからポポイは言います。
マナの樹との・・・カアちゃんとの約束を守らなきゃならないと!!
f0176460_17431401.jpg
例え自分が消えることになっても神獣は倒さなければならないと言う選択をしたポポイを見てランディも倒すことを決意。
2人が出会ったときのことを思い出すとホント良いパーティーになりましたね。
ポポイとか大食いとかお笑い担当枠なのにこういうときにシリアスやると感動加減がすごいです。
f0176460_17431504.jpg
聖剣に持ち替えてポポイ、プリムの両名でランディにマナの剣の呪文をかけると聖剣がマナの剣になります。
ドリアードのレベル上げてないとすぐ呪文効果切れてかけなおすのが地味に面倒と言う罠が。
f0176460_17431891.jpg
これで本当のラストバトル。
子供の頃はフラミーがラスボスだとずっと思っていましたw
リメイクだとやはりグラフィックがぜんぜん違うので別の生物だとわかりますね。
ストーリーまともに読んでいない人はたぶんそう思っている人多いのではないのでしょうか。
f0176460_17431878.jpg
ここまで来るとあとはマナの剣でひたすら殴っていれば倒せるので特に書くことも無いのでちょっと思い出話を。
神獣の攻撃はほとんど避けようの無い攻撃ばかりでくらうしかないのですがSSにある火炎放射なんかは「モーグリベルト」や「ちびっこハンマー」の変身中の無敵時間使ってよく回避していました。
今回もそれをやって避けようとしたのですがリメイク版では火炎放射の速度がむちゃくちゃ速くて無理なんですよw
f0176460_17431857.jpg
時間はかかりましたが問題なく撃破。
ドリアードのレベル上げておけばもうちょっと早く倒せて楽だったかも。
f0176460_17431885.jpg
神獣を倒したことによって世界は救われましたが奇跡は起こらずポポイは消滅・・・
f0176460_17432293.jpg
だけどいつまでもウジウジしてはいられないポポイのことは胸にしまって先に進まなきゃ!
f0176460_17432209.jpg
ポポイもそうですがプリムはここまで追ってきたディラックを失っているのですよね。
それでも前に向かって歩いていく決意をします。
f0176460_17432218.jpg
神獣を破片が世界中に雪に変わって降り注ぐ。
世界は救われましたが3人で旅をしていたのをずっと見ていた身としては終わりが2人と言うのがやはり寂しいです。
f0176460_17432367.jpg
世界が救われたことを各地を回って報告する2人。
それが終わるとランディは1人聖剣を元の場所に戻しこれで本当に冒険が終わってしまうんですよね。
f0176460_17432613.jpg
妖精村に半透明状態で現れるポポイ。
死んではいないのでしょうけど同じ場所にはいるのにランディ達とはお互い認識できない状態って解釈なのでしょうか。
簡単に言うと映画版のサイレントヒルの最後の場面みたいな感じなのかな。
f0176460_17432602.jpg
最後はポポイが月を見上げてEND

と、言うわけでこれで全クリアとなります。
簡単にですがゲーム全体の私の感想を少し。
この日記でも散々言ってきましたがSFCで当時むちゃくちゃやった聖剣伝説2ですが懐かしさのあまりに買い、ゲーム自体は当時あれだけやったのだから今更だなと思ったのですがストーリーのほうがぜんぜん覚えていなくて結構楽しめました。
ゲーム難易度のほうも始めのほうに少し苦労もしましたが軌道に乗ったらそれほどでもなく楽しくできましたね。
時間のほうも18時間くらいでしたしちょうどいい感じでした。

問題点があるとすればアクションせいの高いRPGなのに攻撃がミスりやすいことと、バグフリーズの多さも当時のままなのかPS4のゲームにしてはアプリケーションエラーが多かったことくらいでしょうか。

懐古厨言われればそうなのかもしれませんが小学生の時やった思い出のある作品なので今回リメイクでもう一度この3人と旅をさせてもらい本当に良かったです。

プレイ日記のほうは途中何度もやめたくなりましたが終わってみると達成感があり、書いてよかったのかもしれませんね。


何で今更聖剣伝説2をリメイクしようと思ったのかはわかりませんが私的にはうれしかったです。

1ヶ月ほどでしたが楽しませてもらいました。

作ってくれた方々ありがとうございます。


今回はこんな所で。

ではでは。




[PR]
by habatakechicken | 2018-04-16 20:00 | ゲーム | Comments(2)

祖父の葬儀も終わり一息ついた感じ。
あとは祖父の子供たちが色々やるだけなので私は日常に戻っていくのでしょう。

こんばんはふぇざ~です。

毎年恒例になっている劇場晩コナンを見に行きました。
いつもは混み具合が落ち着いたGWくらいに行くのですが今回は暇になったので今日行ってきました。
公開したばかりでかなり混んでいましたね。
ネタバレなしの軽い感想を。
f0176460_15310409.jpg
今回のタイトルは「名探偵コナン ゼロの執行人」。
公安でもあり黒の組織のメンバーでもある「安室透」がメインのお話でした。
始めはいつもの様に新しい施設が建設され~と言う感じに今回の舞台が紹介されると思いきやいきなりの爆発w
その爆破した容疑者として毛利小五郎があげられるのですが実は公安がでっち上げたことで早い段階でコナンはこれを見抜き安室に問いつめるのですが愛する者を守るためなら何だってやるみたいなことを言われ取りつく島もなくコナンも今回の安室さんは敵かもしれないって感じで話がスタートするのですよ。
そこからは安室はコナンのスマホに盗撮盗聴アプリ仕込んだり、コナンも小五郎の無実を証明するために他の公安の人間に盗聴器仕掛けたりとお互いに犯人にたどり着く為に敵同士な流れで話が進んでいき、いつものちょっと展開が違うなぁと思いましたね。

あと話のほうも一応説明はされるのですが公安とか検察とか一回では理解できないような難しいことを言っていたり子供わからんだろうと思う所もあったり。

劇場版の特徴にあげられるアクションシーンですがコナンも人間離れしていますが安室さんもかなり人間離れしていましたねw
こいつら殺しても死なないだろうと言うか車とか何で壊れないのかとw
最後は落ちてきた人工衛星のパーツをサッカーボールで軌道を変えるとかホントぶっとんでいました。
でもやっぱりそのあたり含めておもしろかったです。

ドラえもん、クレヨンしんちゃん、ポケモンなど子供向け映画は多いですがコナンだけはちょっと毛色が違うなぁって感じがしますね。
私もそうですが子供の頃から見ていた人たちがそのまま大きくなっても見ていると言う方が多いのではないのでしょうか。
実際映画館行った際も小学生中学生くらいの子供より20代30代の方のほうが多いように見えました。
特に今回はその辺の層を意識した感はありますね。

と、言う感じで軽くですが私なりの感想でした。
今回の終わりに来年のタイトルも発表され、また今年1年はコナンは終わる気がないみたいです。
次回はまたキッド物みたいです。

今回はこんな感じでした。
ではでは。

[PR]
by habatakechicken | 2018-04-15 16:11 | 日常 | Comments(0)

まことに個人的なことですが今週の半ば、祖父が亡くなりました。
今までバタバタしてパソコンの前に座ることができませんでしたが今日から復活します。

こんばんはふぇざ~です。

聖剣伝説2プレイ日記21回目。
正真正銘これでラストダンジョンになるのでがんばって書いていきましょう。

前回、マナの聖域の奥でマナの樹を見つけた勇者一向。
喜ぶランディ達でしたがタナトスの無情の一撃でマナの樹が消滅。
しかしマナの樹の正体はランディの母で残りの力を振り絞って最後の言葉を伝えるのでした。
って所でしたね。

今回は、マナの要塞のシールドが消えたことによって内部に潜入できるようになったのでラストダンジョン、「マナの要塞」の攻略となります。
f0176460_14414890.jpg
世界中からマナを吸収し続けるマナの要塞。
それによりマナが枯渇して要塞のシールドも消えたとランディの母に告げられたので再度潜入を開始することに。
f0176460_14414917.jpg
SFC時代は何週もしたゲームですが特にこのラスダンは何度もやりました。
今、思えばなんであんなに意味も無くやったのでしょうね。
きっとお金がないからゲーム一本をしゃぶりつくすようにやったんだと思います。
今はそんなことしないので贅沢なことをしているのかもしれませんね。
f0176460_14414956.jpg
ラストと言う事でそこそこ長くボス戦が2回あります。
その1体目がこいつなのですがラスダンになんの関係性がなく、なんかなぁって感じですね。
この辺は前々から言ってるけどリメイクだからしかたないのかねぇ。
f0176460_14414971.jpg
2体目。
シェイドの試練で戦ったスライム。
こいつもラスダンと何の関係性もなくストーリーにも関係ないのでなんでこいつが・・・みたいな感じはありますね。
SFCの時はぜんぜん気にしなかったのですがPS4版だとこういうのがホント気になるんですよね。

ちなみにこのダンジョン途中セーブ無いのでラスダンで取得した最強装備や武器パワーがあるなら面倒でもセーブしに戻ったほうがいいですよ。
私はめったに無いアプリケーションエラー(バグ)で2回もこの糞長い工程やる羽目になりました・・・
f0176460_14415500.jpg
最後の部屋でタナトスと対峙する勇者一向でしたが手遅れだと言うタナトス。
f0176460_14415561.jpg
タナトスの今使っている体が朽ち果てようとしていてディラックの体が必要だと言うタナトス。
世界が手遅れだと思ったらそっちかいな!!
乗り移るなら勇者一向が来る前に乗り移ってしまえば楽だったのにわざわざ待っててくれるタナトスがちょっとやさしいと思ってしまった。
f0176460_14415581.jpg
ディラックの体に乗っ取りマナの要塞で世界制服するっていうのがこの人の野望なのだろうけど。
マナの要塞と神獣がぶつかり合ったら世界が滅びるのに神獣のことをどうするのかがこの人の頭の中にはちっとも計算されていないんですよね。
f0176460_14415521.jpg
まぁなんだかんだと自分の野望を高らかに語っていたら体に限界が来たらしい。
そんな余裕を見せるのは負けフラグよ・・・
f0176460_14415864.jpg
そんなことを考えていたらプリムがタナトスからディラックを引き剥がして本当に体に限界が来て朽ちていくタナトス。
だから言ったのに・・・
f0176460_14415810.jpg
と、思ったのですがこれで消滅とかさすがにないよね><
こんな最後だったら今まで何していたんって感じだしね。

ディラックにうまく乗り移ったタナトスでしたが何か様子が変。
f0176460_14415804.jpg
乗っ取られたと思ったディラックでしたが最後の抵抗を試みてプリムに何かを伝えようとします。

それはタナトスの正体。
タナトスの正体は魔界に魂を売り渡し永遠の命を得ようとした古の魔法使い。
だけど精神が蝕まれ、生への執念と怨念の塊となってダークリッチと言う魔物になったのだと言う。
f0176460_14415842.jpg
伝え終わるとプリムに別れの挨拶をするディラック。
な、何をする気だ!!
f0176460_14420101.jpg
そしてランディにプリムを頼むと言い残しタナトス道連れに自爆・・・
死ぬの確定とは言え自分の彼女を他の男に頼むとか絶対できんわ。
ディラック的にはランディには任せられると思ったのでしょうか。
f0176460_14420262.jpg
ディラックと言う次の器候補を失い真の姿になったタナトス。
器が無い状態では長くはもたないみたいで勇者一行の体を求めて襲い掛かってきます。
なので逃げ回れば勝てるのでしょうけどゲーム的にはそうはいかないのですよね。
f0176460_14420202.jpg
タナトスとの長かった因縁にも決着をつけるときが着ました。
レベルは十分なので楽勝かと思ったのです結構手こずりました。
武器レベルや呪文レベルで手を抜いたのが悪かったか。
時間はかかりましたが何とか倒すことはできました。
f0176460_14420238.jpg
タナトスを倒したことによって封印されていたドリアードの「マナ」の魔法が解放されます。
ディラックが死んだことによって悲しむプリム。
そして体に不調をきたすポポイ・・・

宿敵タナトスを倒したことで残るはあと一体なのですがここからまた長くなりそうなので次回にします。
次回聖剣伝説2プレイ日記最後になりそうです。
最後までがんばって書いていきましょう。
ではでは。



[PR]
by habatakechicken | 2018-04-14 19:41 | ゲーム | Comments(0)

無理な体勢で一日中仕事していたせいか腰が痛い。
ホント歳を感じるようになってきました。

こんばんはふぇざ~です。

聖剣伝説2プレイ日記20回目。
この日記始めた頃は20回を目標にしていましたが残念ながら終われませんでした。
ですがあともうちょっとがんばって書いていきましょう。

前回、マナの要塞が浮上してしまったために打つ手がなくなってしまいました。
一縷の望みにかけ、マナの聖地に赴くのでした。
って所でしたね。

今回は前回の続きでマナの聖地の後半戦です。
f0176460_21094053.jpg
森を抜け、小高い丘に抜けた勇者一向。
そこで見たものは・・・
f0176460_21094156.jpg
そう、マナの樹ですね。
このゲームのタイトル画面にもあるマナの樹を3人で見上げている場面の所なんでしょう。
ちょっと遠いけど。
f0176460_21094159.jpg
マナの樹を見つけてはしゃぐ3人。
まだ旅は終わっていませんが3人が3人ともこのメンバーでよかったなど目的達成感を醸し出しながらBGMもなんか壮大な感じで流れていました。
f0176460_21094133.jpg
マナの樹があったのでこれで聖剣を完全な状態へともっていってマナの要塞に対抗できる!!
と、誰もが思いましたがそうは問屋が卸さない・・・って所でしょうか。
f0176460_21094168.jpg
なんと、タナトスが要塞からマナの樹に向けて攻撃を開始。
巻き込まれて吹っ飛ぶ勇者一向。
f0176460_21095823.jpg
ランディ達が目を覚ますとマナの樹が無残な姿に・・・
せっかく希望が出てきたのに一気に絶望へと叩き落とされた感じですね。
f0176460_21095807.jpg
悔しがるポポイ。
f0176460_21095876.jpg
プリムも悲しみにくれていました。
世界=ディラックって言う感じなのがどうなのかと思いますがねw

このゲーム子供の頃ホント何週もしたのですがぜんぜんストーリー覚えていなかったのですがまさかここまでディラックのことで引っ張るとは思いませんでした。
プリムじゃないけど「世界救いに行く」のと「ディラック救いに行く」の重要度がほとんど同じとか今なら絶対考えられないですね。
お姫様救いに行くのなら分かるけどまさか野郎救いに行く話しだったとは・・・
f0176460_21100582.jpg
そんな絶望的状態な3人に話しかけてくる声が。
聖地入り口でも聞きましたが正体はマナの樹だったのですね。
f0176460_21100643.jpg
マナの樹は語ります。

現在マナの要塞が浮上したことにより世界からマナが失われかけていることを。
f0176460_21100679.jpg
そして相対するかのように「神獣」も現れることを。
f0176460_21100647.jpg
神獣はマナを回復できる唯一の生物。
つまりマナの要塞で枯渇気味の世界中のマナを神獣で回復させればと考えようによっては神獣の出現は喜ぶ所なのですが。
f0176460_21101135.jpg
マナの要塞と神獣が遣り合えば世界が滅んでしまうと・・・
そう物事はうまくはいかない。

まぁ一回経験済みなので分かっていたことですよね。
f0176460_21101122.jpg
今のままだと要塞と神獣がぶつかり合うのは時間の問題。
それを回避する方法としてマナの樹は「マナの剣」によって神獣を倒すしか方法がないと教えてくれます。
f0176460_21101175.jpg
で、その「マナの剣」とやらはマナの種族と呼ばれる精霊の血をひく一族によって受け継がれているらしいです。
じゃあその種族の人を連れてくればいいのね?

と、思うじゃないですか。
しかし!!

マナの樹がこう言うのです。
f0176460_21101776.jpg
聖剣を本来抜くはずだった人物は共和国の騎士であったランディの父セリン。
f0176460_21101761.jpg
15年前の戦争で魔界の力を得た皇帝と刺し違え蘇った皇帝を倒すために。
f0176460_21101722.jpg
ポトス村の近くのあの川のど真ん中に突き刺さっていた聖剣を抜きに行ったのですが皇帝との戦いで負った傷は致命傷だったみたいで抜く前に力尽きたみたいですね。
f0176460_21101873.jpg
察しのいい人なら分かると思いますが聖剣を抜くときに現れた幽霊のおっさんがランディの父上だったわけですね。
f0176460_21102344.jpg
そしてこの声の主がセリンの妻。
つまり今ランディ達と話しているマナの樹こそがランディの母上な訳ですよ。

なんで母上がマナの樹かと言うとマナの種族は子孫を残すとマナの樹になり、世界を見守り続けるさだめらしいです。
ついでに言うと男はマナの剣を取り、平和と秩序を守らないといけないらしいです。

んーでもそうなるとマナの種族って確実に数が減っていきますよね。
今回回避できても次同じことが起きれば終わりじゃないのですかねw

今語られるランディの出生のヒミツって所ですか。
考えてみればなんでランディが聖剣を抜けたとかなんで孤児だったのとかそのあたり旅でぜんぜんフラグ回収されませんでしたしね。
ここに来て一気に回収した感じでしょうか。

ちなみにマナの要塞に張ってあったシールドはこんなことをしている間にマナが少なくなりシールドが消えたみたいです。
効率面だけを考えるなら待っていればよかったという。
実際ここに来て得られたのはランディの出生くらいだし?
f0176460_21102376.jpg
最後におかあちゃんからの謝罪の言葉であり別れの言葉を。
なかなかの感動の場面ですね。
f0176460_21102357.jpg
そんな母の言葉を聴いて悲しみにくれるランディ。

母親がいないものと育った人間がいきなり現れた女性から「私はあなたの母親よ」とか言われても絶対いい反応しないのが当たり前と思ってしまう私は確実に心が腐っていますねw
f0176460_21102312.jpg
そんなランディを叱咤するポポイ。
f0176460_21102771.jpg
よくよく考えるとこのメンバー二親まともにいるメンバーいないんですよね。
このゲームの始め、プリムの父親が無理やりプリムを結婚させようとしていたけど自分に何かあったらと考えると早くプリムに自分以外の後ろ盾を作ってやりたかったんだろうとか深読みすると考えさせられるんですよね。

プリムからしたら相手が糞だったみたいですがプリムにとってディラックに目が行き過ぎてだいたいの男は糞なんじゃないかと思ってしまう。
f0176460_21102757.jpg
ポポイに叱咤されて覚悟を決めるランディ。
聖剣を抜いたばかりの頃の彼はもういない。
これが勇者と言うものですね。

と言う感じで次はラストダンジョン「マナの要塞」の攻略になります。
ゲームでこのイベント見ていたとき日記で書いたら絶対長くなると思いましたが当たり前のように長くなりましたw
これでも大分省いたんですよ。
それにしてもこのランディの出生のイベントぜんぜん覚えていませんでした。
なのでSFCでプレイ経験のある友人たちにこのこと話したら誰も知らなかったんですよねw
案外子供はイベントなんて見てないのかもなぁ。
と言うよりリメイクみたいにムービーだったら思えているのでしょうけど会話だけではね。
大体こんな感じでリメイク版プレイしています。

なんだかんだで途中失踪しそうな場面もありましたが日記もここまできました。
ラストまでがんばって書いていきますね。
ではでは。


[PR]
by habatakechicken | 2018-04-11 18:52 | ゲーム | Comments(0)

GWは楽しみですが面倒ごとは片付けておきたい今日この頃。

こんばんはふぇざ~です。

聖剣伝説2プレイ日記19回書いていきましょうかね。
前回、皇帝たちを止めるべくマナの神殿に入る勇者一向。
奥に進むと元凶だと思われた皇帝が死んでおり、殺したのが裏切ったファウナッハでした。
ファウナッハはタナトスと協力関係にあり、タナトスについたみたいですが勇者一向に倒されることに。
そのタナトスを追い要塞の復活を阻止しようとしたのですが間に合わず・・・
って所でしたね。

今回はジェマがジャッハから存在を聞いていたマナの聖域攻略になります。
f0176460_19265960.jpg
とうとう姿を現したマナの要塞。
f0176460_19265918.jpg
ちなみに入ろうとするとシールドが張られていて入れないらしい。
入っているように見えるんですけどw
f0176460_19265961.jpg
マナの聖域に行く前にちょっとしたイベントとを。
ちょっと前に操られていたとは言え、プリムに対してディラックをとってやる発言にぶちギレてぶん殴ってしまい微妙な感じになっていたプリムとパメラ。
ディラックとイチャコラしているプリムが妬ましかったみたいですがなんか分かるわ。
「リア充爆死しろ!!」ってやつでしょこれw
f0176460_19265965.jpg
なんかやっている間に和解したみたい。
ゲームだから綺麗に終わったけど現実だったら絶対こうはいかないよね。

よし、やることやったのでマナの聖域にいきましょっい。
f0176460_19272350.jpg
マナの聖域に入ると何者かの声がががが
こんな所に声とか怖いんですけど。
f0176460_19272323.jpg
と、すんなり攻略したかったのですがここの敵がまぁ強い。
自操作しているキャラはいいのですがAI任せのキャラは突っ込んでいってすぐ死んじゃうのでホント先に進まないんですよ。
マナの神殿攻略後に出現するニキータの売っている糞高い装備を買うのは必須としてもそれでもキツイのでちょっとレベル上げをすることにしました。
聖域の入ってすぐの所。
ここに3体いるグルフォンハンドがおススメです。
なぜかと言うとこのグリフォンハンドはランディの最強の頭装備「グリフォンヘルム」を落とすのですよ。
ただそのグルフォンヘルムはむちゃくちゃ低確率でレベル上げのついでにでればいいくらいの気持ちだったのですが。
f0176460_19272316.jpg
なんか30分くらいで出てしまいましたw
SFCの時はホントでないと言われていたのですがそのあたりのドロップ率は修正したのかもしれませんね。
2時間かからないくらいで50レベルから60レベルにしたのですがその間に3つ出たので拍子抜けでしたねw
f0176460_19272390.jpg
このマナの聖域もダンジョンとしては結構長くボスも連戦連戦なのですがレベル上げのおかげか弱い弱い。
f0176460_19273674.jpg
この人型ドラゴンは始めてのグラフィックですね。
結構カッコいいかも。
f0176460_19273776.jpg
こいつとも色違いですが長い付き合いですね。
名前が「ヘルフェニックス」だそうですが名前負けしていますねw
f0176460_19273760.jpg
またこの人型ドラゴン出た。
さっきのが「ホワイトドラゴン」。
今回が「レッドドラゴン」。
そのまんまやねw
f0176460_19273704.jpg
このおじさん型のボスも付き合い長かったですね。
f0176460_19273742.jpg
また人型ドラゴンのボスです。
名前は流れからだいたい読めますね。
「ブルードラゴン」ですw
f0176460_19273789.jpg
森を抜けるとそこは小高い丘でした。
そこから見えるあれは!!
って所で今回は終わりにしておきます。
マナの聖域のことは1回でまとめたかったのですがこっからのイベントが長いので分けることにしました。
次回は聖域の残りになります。

最近毎回言ってるけど物語も架橋になってきました。
私も残りわずかをがんばって書いていきますよ。
ではでは。


[PR]
by habatakechicken | 2018-04-10 20:00 | ゲーム | Comments(0)

週始めってやはり嫌なもの。
個人的には土曜働いて月曜休んで火曜スタートのほうがやりやすかったり。

こんばんはふぇざ~です。

聖剣伝説2プレイ日記18回。
シナリオの残りも少なくなってきました。
がんばって書いていきましょう。

前回、最後の神殿に行ったランディ達でしたがそこで待っていたのは皇帝たちでした。
幹部のシークを倒し、皇帝たちを追い精霊ドリアードを仲間にするのですが共鳴に間に合わず・・・
って所でしたね。

今回はマナの神殿攻略です。
場所が同じなのでどこにあるか分かりにくいんですよねここ。
f0176460_14041941.jpg
マナの神殿は最後の神殿系ダンジョンと言う事でギミックに今まで仲間にした精霊たちを使って進みます。
同じことを精霊の数だけやるのと結構長いのでこのあたりはちょっとカットしますね。
けっして手抜きしたわけじゃないからね><
f0176460_14041937.jpg
ここに来てまたもやパックンドラゴン。
今更なんでコイツがとも思いましたが結構苦戦することに。
ステージが狭いせいかボスが画面から見えなくなると魔法の対象にならなく見える位置まで近づくとパックンされるので大変でしたね。
しかも詠唱中でもパックンするわランディはまだしもプリムポポイは即死級のダメージだわで苦戦。
意外な強敵でした。
f0176460_14041922.jpg
種子のある部屋まで行くとなにか異変を感じる一行。
f0176460_14041926.jpg
なんと!!皇帝が仁王立ちで死んでいました。
いきなりの展開で驚きと言うよりもうちょっとグラなんとかならなかったのかと思う私。
見た目が仁王立ちでシュールなんだけどw
f0176460_14042301.jpg
先に進むと皇帝と一緒にいたはずのファウナッハのお姉さんが待ち構えていました。
皇帝を殺したことを問うと簡単に認めたファウナッハ。
元から裏切るつもりだったみたいです。
それにしても着ている物がエロいw
f0176460_14042418.jpg
そしてあとから登場するタナトス。
どうやらタナトスとファウナッハは組んでおり、ここぞと言う所で裏切って良いとこ取りしたという感じでしょうか。
タナトスが出てきたということでディラックはどうしたと言うプリムに対してディラックを自身の新しい体にすることを明かすタナトス。
f0176460_14042465.jpg
タナトスを先に行かすとシークとゲシュタールの仇と言ってランディたちに戦闘を仕掛けてくるファウナッハ。
皇帝はあっさり殺したのにあの2人には情があったのがちょっと驚きでした。
2人に関しては皇帝に忠誠心があったのか裏切り気だったのかは定かではありませんがファウナッハとは悪い関係ではなかったことが伺えますね。
きっと皇帝がセクハラじじいだったに違いない!!
f0176460_14042478.jpg
シークに続きファウナッハも魔物化しての戦闘に。
あぁあのエロい格好がががキモイモンスターに・・・
おっと悪い癖がw

戦闘のほうは魔法攻撃しかしてこないので「カウンタマジック」張っておけば余裕だったり。
途中から熟練度低すぎてすぐ切れるのが面倒で強引に殴り殺しましたがw
f0176460_14042793.jpg
戦闘終了後はファウナッハもタナトスに捨てられたみたい・・・
自業自得と言えばそうなのですがシークとゲシュタールの敵討ちする所とか見ると憎めないキャラではありましたね。
f0176460_14042748.jpg
このダンジョン最後のボス。
死してなおタナトスに弄ばれて人形とかしたゲシュタール。
幹部連中で唯一魔物化しませんでしたがタナトスの人形として扱われるとか敵ながら可哀想とか思ってしまいました。
描写がないけどポポイの村の妖精たちとか帝国に痛めつけられた人は多いのですがなんだかんだでこの人がこのゲームで一番可愛そうなんじゃないかと思ってしまいました。
f0176460_14042801.jpg
ゲシュタール撃破後はマナの要塞の復活阻止はかなわず・・・
そのことでジェマに責められているみたいなのがなんかね。
子供に背負わせすぎでしょw
f0176460_14042867.jpg
こうなったからにはしかたないと賢者ジャッハから聞いた「マナの聖地」に行くことを提案するジェマ。
マナの樹に聖剣を共鳴させればまだワンチャンあるかもしれないらしいです。
こうなったからには「よしみんなで行こうぜ」ってにはならないんですよね。
あぁそうか。フラミーは3人乗りだからかw

と、キリがいいので今回はこんな所で。
次回はマナの聖地攻略になります。
がんばって書きますね・

ではでは。

[PR]
by habatakechicken | 2018-04-09 20:00 | ゲーム | Comments(0)