ロクでなし魔術講師と禁忌教典 7巻 感想

3連休2日目特に何もなし。
寂しい30台じゃあ。

こんばんはふぇざ~です。

ロクでなし魔術講師と禁忌教典の7巻を読んだので感想を。
ネタバレありです。
f0176460_09212624.jpg
前回、講師規定にある論文の提出を知らなかったため講師職をクビになりかけたグレンは一発逆転を賭け生徒たちとタウムの天文神殿の調査に赴きます。
特に問題もなく進んでいた調査でしたがシスティの思い付きをきっかけに謎の扉が出現し、同行していたセリカが単独で潜入し連れ戻そうとグレンたちも後を追うのですがそこで待っていたのは大量の亡霊と門番の魔人。
魔人に苦戦し追い詰められるも全員の協力でなんとか魔人を倒して事なきを得るのでした。
って所まででしたね。

前回、そんな死闘を繰り広げたメンバーは近々学院で行われる「社交舞踏会」の準備に追われていました。
準備の中、ルミアはダンスのパートナーに誘われますが全部断るのです。
その訳はダンスパーティーの優勝者には「妖精の羽衣」と言うドレスを着る権利を得てそれを着て踊った男女は将来結ばれると言う噂があるものだから普段からルミアを狙っている男共はここぞとばかりルミアを誘うのです。
ただルミア自身も妖精の羽衣を着るのが小さい頃から夢でできればそれを着てグレンと踊りたい・・・だけどシスティのことを思うと出来ないんですよ。
ルミアはフィーベル家にもらわれる時に「2人が欲しい物が同じときはシスティに譲る」誓いを立てました。
なのでシスティにグレンと踊るように後押しするのですがグレンがパートナーに誘ったのはルミアだったのです。

少し時間が遡るのですがグレンはアルベルトと接触。
この舞踏会の中、天の智慧研究会がルミア暗殺の計画を企てていると聞かされ舞踏会の中止を進言するのですが元上司で執行官ナンバー1「魔術師」イヴ=イグナイトが現れてグレンに意見を却下します。
ルミアを囮に大物を釣り上げようとするイヴの作戦に怒るグレンでしたがルミアやリィエルを盾にされ従うしかなく・・・
自然な形でルミアのそばにいて護衛できるやり方としてダンスの相方を選んだと言うことです。

そんなことは裏があることが知らないシスティは対抗意識を燃やしてリィエルを男装させて参戦。
グレンの生徒たちもグレンに優勝なんかさせるかと全員参加する事態にw
グレンがルミアを誘った表向き理由が優勝賞金目当てですからねw
そんな理由でルミアを掻っ攫っていったらルミア狙いだった男共は黙っていませんよね><
f0176460_09212725.jpg
舞踏会が着々と進行する中、天の智慧研究会の暗殺者、魔の右手ザイードがグレンに堂々と接触してきて捕獲するようにイヴに言うのですがザイードの裏にいる黒幕がいてそっちを捕まえたいイヴは現状維持をと。
この作戦に参加している他の魔導士のアルベルト、バーナード、クリストフも会場外で敵と交戦中であり、頼みの綱のイヴも助けてくれそうになく焦るグレン。
仲間すら出し抜き手柄が欲しいイヴはザイードを追い黒幕の元までたどり着きザイードと黒幕の2人を捕獲。
イヴからすべてが終わったことを告げられるのですがあまりにもあっけなさ過ぎて逆に心配なグレンとアルベルト。

そんなこんなやっている内に舞踏会のほうも決勝戦。
残ったのはグレンルミアペアとシスティリィエルペア。
今までここぞと言う所でシスティに譲ってきたルミアでしたがいつ終わるかもしれない自分の人生を考えると今夜だけは自分をわがままを許して欲しいと願い本気で踊り、システィのほうもルミアが影で自分に譲ってきたことを知っていてそんなルミアが本気で自分に挑んでいること知り全力で相手をすることに。

結果ルミアが勝ち、夢であった妖精の羽衣を着て好きなグレンと踊れることに。
負けたシスティは運営の手伝いに努めるのですが今回使われていた楽譜を見て何か状況がおかしいことに気づき、アルベルトの姿を見ると疑惑が確信に変わるのでした。
毎回のことながらこういう機転の役回りはシスティになっていますね。

システィが気づいたおかしいことと言うのは舞踏会に使われていた曲が改変されており、中身は曲を聞いた者を操ると言うもの。
つまりイヴが捕まえた2人は曲で操った一般市民で真の黒幕は曲を指揮して指揮者、本物のザイードだったのです。

何かがおかしいと気づいたのはシスティだけではなくグレンもでしたがアルベルトたちのおかげでルミア暗殺は阻止されたのはつかの間、すでに深層意識は掌握済みで魔術を使うと何か起きるかわからないためにグレン達にはザイードに手が出せず一時撤退することに。

他の魔導士たちと合流したグレン。
相手の固有魔術で魔術が使えなくなりましたがそれはグレン自身の戦法と同じでもあるため攻略法もだいたい同じなんですよね。
攻略法は射程範囲からの狙撃と言うことでグレンが敵の目標であるルミアを連れて逃げ回っている間にアルベルトが狙撃すると言うもの。
アルベルトが相棒にシスティを連れて行ったのですが無茶難題を言われてちょっと可哀想・・・
それでも本職の軍人の要求に応えるシスティがすごいと言うか。

もっと可哀想だったのがイヴ。
なんか途中まで穴のない優秀キャラだったのに結局敵の術中に嵌って操られているとか扱いひどいと思いましたねw
f0176460_09212723.jpg
ザイードのほうはグレンの作戦が見事に嵌ってアルベルトの狙撃で指揮棒を破壊してグレンのぶっ飛ばして御用に。
ザイードに操られていた者には記憶はなくすべて元通りになりましたがルミアが考えてしまうのです。
元はと言えば自分がここにいたからこういう事態になったしまったのだと・・・
このままだとグレンやシスティたち大切な人たちが傷ついていく。
それでもここにいたいと悩むのでした。

一応たいした被害もなく組織の重要人物を捕らえたと言うことで手柄を得たイヴでしたがこんなのでは意味がないとグレンに突っかかります。
そしていつか正しいのは自分で間違っているのはグレンだと言って泣きながら立ち去っていく姿がなんか可愛いかったです。
出生の特殊なため家の者に認められたいと味方を出し抜いてまで手柄を欲していますが本当の所はグレンに認めて欲しいだけのように見えますね。
これただグレンにほの字なだけなんでしょうねきっと。
ジャスティス叱り面倒なのに好かれますねぇグレンはw

と言う感じで今回はこんな流れでした。
ルミア回と言うことでしたがなんか最後は闇堕ちとはちょっと違うけど自暴自棄になりそう・・・
今回の新キャラ「イヴ」ですが個人的好きなのでもっと活躍させて欲しいですね。
と言うよりたぶんヒロイン昇格するでしょう。

今回はこんな所で。
ではでは。


[PR]
by habatakechicken | 2018-09-16 13:03 | 愛読書 | Comments(0)