出張。出張。また出張でいそがしい毎日。
ラノベとか漫画とか積み気味です・・・

こんにちはふぇざ~です。

デート・ア・ライブ13巻読み終わったので感想を。ネタバレはありです。
f0176460_973025.jpg
このシリーズもなんだかんだで13巻目。今回のメインヒロインは前回DEMから逃げ出した2番目の精霊二亜です。

物語は年末、空腹で道傍に倒れていた少女を助けたところから始まります。
f0176460_964829.png
その助けた少女と言うのが今回のメイン、2番目の精霊二亜。
彼女の天使ラジエルの能力はこの世の全てを見通す能力。
どこで誰が何をやっているかなど手に取るようにわかると言う感じのもの。
ただこれだけなら地味な能力なのですがラジエルに記されているものはすべてその通りになり、自分でそれを書き加えてその通りに事を起こす「未来記載」と言う使い方がありこれは凶悪すぎる能力なんですよね。

この士道との接触もラジエルを使って偶然を装ったもの。空腹は本当でしたがw
士道がどんな人物か知って上で接触した目的はというと・・・

「デレさせられるもんなら、デレさせてみな」といつもの逆の展開での宣戦布告!!

と言う訳でいつも通りの作戦開始。
本業が漫画家で生粋のオタク娘である二亜との戦場はアキバ。
デートは終始順調でこれなら楽勝なんじゃないかと誰もがそう思ったのもつかの間。
なんと思ったほど好感度の数値が上がっていない!?

慌てふためくラタトスククルー。それをインカムから聞いていた士道の表情を見て悟った二亜から衝撃の一言。

「あたし・・・二次元にしか恋したこと、ないんだよね・・・」と・・・

さすがにこの展開は予測できなくてそれでも何とかしようと士道に二亜の好きなキャラにコスプレさせたり、士道に似たキャラが登場するゲームやらせたりと色々やってみるものの失敗し、それどころか怒らせてしまい敵対関係に・・・

突破口が見出せない琴里は封印した精霊たちからアドバイスを貰いその結果「士道が登場する漫画」を作成し士道の人柄を二亜に伝えようという作戦を決行します。
ただこれを二亜に能力でばれてしまいそんなもの読む気はないと突っぱねるのですが琴里はここで勝負にでます。
それはコミコの売り上げで勝ったら読んでもらうこと。
この案に二亜は大笑いしながら了承。
普通に考えれば売れっ子漫画家の二亜が負けるわけありませんものね。
だけど絶望的な状況だったとしてもそれをなんとかしてしまうのが士道でありラタトスクであり精霊たちと。
これ以上のこと何度も解決してきたわけですしね。

と言うわけでここでいつもの

「さぁ 私たちの原稿(デート)を始めましょう。」になるわけですよ。

f0176460_965382.png
士道漫画化計画の作画担当が七罪だったわけですが限られた時間の中を不眠不休で書き続ける七罪は健気すぎる><

それに
「こんな私が必要とされるなんて、思ってもみなかった。私だって、みんなの役に立ちたい。」とか
「私ね。士道やみんなに助けられて、本当にうれしかった・・・」とか
「---友達って----、素敵だよ・・・」とか
七罪の成長が感じられる場面でした。
個人的にはメインの二亜食べちゃってるんじゃないのってくらいですね。
七罪ちゃんマジ天使><

そんな彼女の活躍で完成した漫画での売り上げバトル。
無名サークルが正道にやっていては勝てないと踏んで十香たちにバニーガールのコスプレで売り子させたり、中津川がコミコで伝説の人物でこの影響力がすごかったり、ラタトスク機関員をサクラにしたり、美九がSNSで呼びかけたりと邪道で勝つといってもこれは卑怯すぎると思ってしまいましたw

ここまでやってなんとかドロー。
ここまでやれたことのご褒美に漫画を読んでくれることになったのはよかったのですが結果は「よくできている」だけ。
ただの作成過程をラジエルで覗いてしまい、それと同士に七罪や他の精霊たちの過去や心を開いていった過程を見て涙を見せることに。

と言うのも二亜の過去と言うより二次元しか愛せなくなった理由はラジエルで人間の黒い部分や醜い部分を覗いてしまったためでその結果三次元は愛せないと言うより人間不信に陥ってしまったということです。
そういう意味では二亜は七罪に似ているのかもしれませんね。

結局はデレさせられなかったもののチャンスをもらった士道。
これで終わりなら物語的には幸せだった。読者的には微妙な巻だったのかもしれませんが色んな意味でそんなことはなくなんと・・・

二亜が反転。

f0176460_965827.png

実は二亜はDEMから逃げ出せたのではなくわざと放たれたとのこと。
捕らえられていた5年間、考えられる限りの拷問受けていたのですがそれが生きたまま腹割かれたり、頭蓋に穴開けられたり、手足1ミリずつ削がれたりとこのシリーズにはあんまり似つかわしくない描写でこのあたりで少し思考が停止してしまいました。
えぐすぎ・・・

ただここまで苦痛を与えてももともと人間不信だった二亜は反転せず仕方ないので記憶を消した状態で士道に絆してもらったところで記憶を戻し反転からの魔王化というのが今回のアイザックの筋書きだったのですよ。

それでも士道なら何とかしてくれると思ったのですが今回は新キャラのアルテミシア・B・アシュクロフトの登場で反霊結晶を奪われてしまう結果に。

結晶を取られてしまった二亜のほうは反転する前に若干デレいたおかげでキスして経路が通じて霊力送り込んで何とか助けられました。よかったよかった。
拷問とかあったから初めての死亡者がでると思いましたがそんなことはなくてよかったですね。

そのあとは助かった二亜が精霊は全員元人間という爆弾発言としたところで今回は終わりですね。

と言うわけで今回はこんな感じでした。
新登場の精霊二亜でしたが性格が下ネタ好きのおっやさん臭いせいかDEMに捕らえれていた5年の間の出来事のギャップのところがホントきつかったですね・・・
これからは救われてほしいです。ホント

個人的にかなり活躍したと思われる七罪。
これから活躍の機会がなくなるんじゃないかとちょっと心配。
好きなほうなので四糸乃とからませてがんばってほしいですね><

今回初めて敵側に能力取られちゃったわけですが1番取られちゃやばい能力ですよね。
情報は筒抜けになるしその気になれば未来まで書き換えられるとかやばいやばい。
この分でいくと契約した子たちからも取られちゃいそうなんですよね。
契約した精霊からは取れるのか取れないのかが注目点でしょうか?

もう1人の新キャラアルテミシア。
前回分身体とはいえ狂三を瞬殺したし今回見た感じエレン並みに強い感じですよね。
折紙の反応から今後折紙のライバル的ポジションになる予感?

あと感想には書きませんでしたがラジエルで始祖の精霊の情報を手に入れたはいいけど自分では殺さないことを知った狂三の動向でしょうか?

だんだんと物語が確信に近づいてきたような気もしますし伏線が増えただけのような気もしなくもないのですよね。
なんにせよ。14巻を楽しみに待っていましょう。
ではでは。
[PR]
by habatakechicken | 2015-10-24 16:53 | 愛読書 | Comments(2)

良い天気でした。

こんばんはふぇざ~です。

前々から替えよう替えようと思っていたスマホですが今日替えてきました。
f0176460_19181190.png
新発売のiPhone6sです。
前々からiPhoneがほしくてDocomoで扱うようになったときにはすぐにでも手に入れたる!!と思ったのですが上司と被るのがなんか嫌でお流れになり、6の時はsがでるまで待ったほうが良いという忠告を受けなんとか今日まで持ちこたえました。

色はスペースグレイをチョイス。
お姉さんに色を聞かれ、これかシルバーか選択あったのですがスペースグレイってどんな感じと聞いたら「ようは黒ですね」って答えたのでなら黒でってことで選択したのですがぜんぜん黒くないじゃんってオチ。

シルバーと間違ったんじゃと思ったのですがネットで調べたら本当に宇宙人の「グレイ」色でした。
まぁグレイもシルバーも大して変わらないからどっちでもよかったかも。

f0176460_191826100.png
長年愛用した私のXPERIA arc
よくここまで仕えてくれたとしか言いようがありません。
デザインが結構気に入っていて内臓の容量さえ何とかなればまだ使っていたかもしれません。
1年くらい前から電話、メール、ちょっとネットくらいしか使えなくなっていましたが最近ではメール受信すらできなくなってきていてここまでか・・と何度嘆いたことか。

とりあえずお疲れ様です。わが相棒arc

f0176460_19183710.png
新たな相棒の6sですがお値段の高さでこれはやすやすと壊すことはできんぞと言うことで丈夫そうなケースでガード。

色も私が好きな赤で決めてみました。

まったくiPhoneらしさがなくなったのはいいとしてと思いのほか大きくなってしまったのが痛い所。
ポケットに入りづらいと仕事に不便なのですよね。

まぁなによりこれでマックを割引で食べられるぞー
[PR]
by habatakechicken | 2015-10-04 20:02 | 日常 | Comments(0)

10月に突入早いものですね。

こんばんはふぇざ~です。

タイトル通り面倒なことになりました。

事の始まりは先日、温泉に行ったのですがその際、知人に背中のコブを見られ「それやばいんじゃないの?」と言う一言から始まりました。

コブ自体は10年位前からいつのまにかあったのは知っていたのですが特に痛くもかゆくもなかったので放置。

見える位置じゃなかったのもあって気にも留めてなかったのですが知人があんまりにもうるさいので今日医者に行ってきたのですがお医者様が見た瞬間、「これは手術は必要だ」と・・・

私自身最悪はちょっと切って中のものを絞りだして終わりだろうと踏んでいたらまさかの展開に。

とりあえずここでは処置できないので病院紹介されました・・・

死ぬことはないみたいなのですが病院が平日しかやってないことや仕事が忙しい時期に入ることを考えると頭を抱えます。

あー気が重い・・・
[PR]
by habatakechicken | 2015-10-03 17:32 | 日常 | Comments(0)