カテゴリ:愛読書( 76 )

最近は暑い日もあってそろそろ半袖着るか悩むところ。
着ていったら着ていったで寒いんですけどね。

こんばんはふぇざ~です。

今週は忙しかったのでぜんぜん更新できなかった。
文作能力がないのでこんな記事でも2時間とかかかってしまうのが悩み所。
夏休みの読書感想文とか1ヶ月かかって書いてたくらいですから・・・はい。

5巻の感想です。ネタバレはあります。
f0176460_1028184.jpg
今回は修学旅行で訪れた或美島が舞台。
そこで「八舞」という精霊に出会ったことから始まりました。

表紙を見てわかるように今回は2人ですね。
耶倶矢と夕弦という双子の精霊なんですよ。

八舞は元々1人の精霊で何らかの原因で別れてしまい元の1人に戻る為に常に争っている精霊なのですよ。
その勝負の決着のつく100戦目を「この男(士道)を落としたほうが勝ち」ということで巻き込まれてしまった士道。
f0176460_102876.jpg
そんなわけで耶倶矢と夕弦による士道攻略戦が始まった・・・って逆だよね。

まぁ今回はこの状況を利用して封印しようって訳なのですが。
2人の策略で女風呂にぶち込まれ逃げた先の海に全裸でダイブ。
それで風邪をひいてしまうものの2人の過激すぎる看病。
そして海でのオイル塗り。

もうね。壁パンだお。壁パンだおでした。

そんな争っている2人でしたが実は2人とも相手のほうを生かしたくてわざと負けるために士道に相手のほうを選ぶように強要。
士道はそれを十香に相談した所を2人に見つかってしまい、士道には任せておけないと自ら決着をつけるために戦闘に。
士道は2人を止めようとするのですがここでDEM社に所属する最強の魔術師エレンの邪魔が入るのですよ。
実はこの修学旅行自体がDEM社の十香捕獲のために罠でエレンはずっとこの機会を窺がっていたのですよ。昼間は生徒達に邪魔されてかなりネタキャラっぽくなっていましたが。

しかしそこは最強の魔術師。限定状態とは言え十香のサンダルフォンを破壊。
ヤバイヤバイって所でなんと士道がサンダルフォンを顕現。
まぁ自分の意志とは関係なしに琴里の回復能力使っているのだからこの可能性はあったのですけどね。
このまま封印していけば士道はすごいことになるんじゃ。

強敵だったエレンも色々あって何とか撃退。
なぜかあった落とし穴に引っかかるというなんとも言えない倒し方でした。
この人って今後こういうキャラなのだろうか・・・

士道はサンダルフォンの力で何とか2人の戦闘を止め、両方とも生き残れる方法があると説得。
ただどうやって封印しようか悩んでいたら向こうからお礼にと2人そろってキス。そして全裸に。

だいたい今巻の流れはこんな所ですかね。

f0176460_10281349.jpg
ただ敵であるDEM社に今後士道も狙われるような感じだし味方である筈のラタトスク機関からもサンダルフォンを顕現したことによりもしもの時は・・・に対し琴里が「私が士道を殺します」って言っちゃってるし。
どうなるんですかね今後は。
なんにせよ楽しみです。
[PR]
by HABATAKEchicken | 2013-05-17 23:59 | 愛読書 | Comments(0)

気づいたら月曜日だった。

こんばんはふぇざ~です。

アニメ放送にも追いついて気を抜いて更新だらけてました。
イケナイイケナイ><

と言う訳で4巻の感想を。ネタバレはあります。
f0176460_19183930.jpg
前巻の続きから。
狂三の能力の前に手も足もでない士道達を助けに来たのは第4の精霊でした。
言わなくても表紙見ればわかりますよね。はい、精霊化した琴里です。

助けに来た琴里は強く、狂三の再現体を焼き払ったまではよかったのですが強すぎる力に飲まれ狂三を殺そうとした所で士道がなんとか抑えたわけですがこのままだと数日中に力に飲まれてしまう琴里。
その前に何とかしなければと言うことで琴里攻略戦が始まりでした。

義理とは言え妹。
ある意味よく知らない相手を攻略するよりよく知ってる家族を攻略するほうが難しいでしょうね。
しかも琴里が折紙の両親の仇かもしれないと分かりごまかしながらデートするのですが・・・
f0176460_1910884.jpg
結局ばれて新兵器「ホワイト・リコリス」を装備して襲ってきてドンパチ。
ホワイト・リコリスってガンダムSEEDのミーティアみたいな存在なのね。

2人の争いを止めたい士道はキスして琴里の力を封印。
折紙に「殺したいのはイフリートで人間の琴里じゃないのだからもうやめろ」みたいなこと言って争いを止めたのですが個人的にはそんなんでいいのかと思ってしまいました。
ちなみに「イフリート」とか精霊化した琴里の通称です。

結局5年前に琴里を精霊の力を与えた「何か」がすべての元凶みたいな感じで今回の戦争は終了。

f0176460_19101549.jpg
で、冒頭に琴里にボコボコにされ何とか逃げ延びた狂三はせっせと回復中。
すべての元凶とされる「何か」と会話で狂三が士道を狙うのは(正確には士道に封印されてる力)30年前に飛んで最初の精霊を殺して精という存在を消すことみたいです。
「何か」が狂三に「君は優しいんだね」と言っていることから精霊関係で亡くなった誰を復活と言うか亡くなった事実を消すためやるのじゃないかと私は予想しています。

3巻読んだ限りでは狂三は「命」というものに大切にしている節がありますしね。
演技とは言え自殺しようとした士道を助けたり、殺されかけた子猫助けたりとね。
逆に殺しているやつは胸糞悪くなる糞野郎ばかりだし。
最終的にはかなり良い人でしたって感じになるんじゃないですかね?

とりあえず今巻はこんな所。
オチとして実は琴里は最初から好感度MAXでしたって。
まぁブラコンだったってことですよね。
[PR]
by HABATAKEchicken | 2013-05-13 20:32 | 愛読書 | Comments(0)

自動車税が来ました。
余計な出費が痛いです・・・

こんばんはふぇざ~です。

昨日に引き続き3巻の感想を。
f0176460_8531410.jpg
アニメ放送に追いついたので3巻からは本気出すってことでネタバレあるのでご注意を。

第3の精霊「時崎狂三」が転校して来る所から始まる今回。
自己紹介で「精霊です」なんて言ってしまうものだから士道君は大慌て。
早速接触を試みるものの狂三に主導権握られっぱなしで士道はアタフタ。
これだけなら狂三かわいいよ狂三なんでしょうけどね><

そんな中
f0176460_937831.jpg
もう1人の新キャラで士道の実の妹と名乗る「崇宮 真那」という少女も現れる始末。
お兄ちゃんは大変です。

なんとか狂三とのデートまでこぎつけるもののぜんぜん構ってもらえない十香のテンションが↓↓
クラスメートの助けを得た十香がデートに誘ってきてさぁ大変。
しかも折紙も誘ってきたものだから・・・
f0176460_8531979.jpg
デートと名ばかりの本当の戦争が始まった・・・
士道1人で3人を同時に相手にしなければいけないこの状況。
30分したら別の女の子の所を繰り返して士道はがんばるのですが普通トイレに行って1時間帰ってこなかったらバレるだろうと・・・

そんなデート中に狂三が人殺しをしている所を目撃してしまった士道は狂三は救えないとへこたれちゃうのですよ。
しかも真那が狂三を殺そうと追っていたのが分かり、なんとかしたいけど体が動かない・・・
そんな時に十香に励まされて再び狂三を、そして真那を助けようと立ち上がる士道。
さすがはメインヒロインですね。

狂三と再び対峙する覚悟ができた士道ですが
f0176460_8532555.jpg
狂三の圧倒的な能力の前に手も足もでず・・・
その狂三の能力ってのが名前から分かるように「時」、時間ですね。
「時」とパッと思いつくのがJOJOのザ・ワールドですが狂三の場合「過去の再現体を大量に持ってくる」能力。
大量にワラワラしている所だけ見ればfateZEROのライダーの宝具にイメージ近いのですかね。
一応武器である銃で対象物の時間を進めたり止めたりできるみたいですが一番の特徴はこの再現体。

この能力によって手も足もでない士道達。
士道が食べられそうって所で第4の精霊が助けに来て今巻は終わり。

んーアニメは登場キャラだけ見るとこの3巻で終わりなんですよね。
ただ最後の狂三戦だけオリジナル展開にして終わらすのかな?
なんにせよこの巻だけやたらと人死んじゃってますがアニメのほうはどうするんだろう?
アニメのほうはアニメのほうで楽しみです。
[PR]
by HABATAKEchicken | 2013-05-10 23:59 | 愛読書 | Comments(0)

明日仕事行ったら休みじゃんって今気づいた。
ついさっきまで今日は水曜だと思ってたよw

こんばんはふぇざ~です。

昨日に続き今日はデート・ア・ライブ2巻の感想を。
f0176460_1937487.jpg
と言っても2巻も現時点でアニメ放送してしまったわけでアニメも原作も大体内容おなじなんですよね。当たり前かw

それでもなんか書いてみようかと思いがんばってみる。

十香に続き第2の精霊「四糸乃」のデレさせるためにがんばる今回。
その過程で四糸乃とイチャついていた思われ嫉妬で荒れ狂う十香がなんか初々しいですね。

四糸乃のパペットの「よしのん」を捜索のために訪れた折紙宅。
折紙の変態っぷりが笑いを通りこして若干ひいてしまったのはたぶん私だけではないはず。
f0176460_20153127.jpg
デート・ア・ライブは全巻通して天使召喚のイラストがちょっと特殊なんですよ。
見開きだから見にくいか・・・
1巻の十香はかっこよかったのですが四糸乃はちょっと怖いですね・・・

嫉妬で荒れ狂っていた十香を説得して協力してもらいなんとか四糸乃の力を封印できた士道。
とりあえず四糸乃が救われた良かったです。
これはこのシリーズ読み始めて早い段階で思ったことなのですが精霊がみんな女の子だからよかったけどこれが男だったらと思うとね・・・ウホ

2巻の感想はとりあえずこんな所で。
んーあんまり感想になってないかな・・・
[PR]
by HABATAKEchicken | 2013-05-09 20:47 | 愛読書 | Comments(0)

長期休暇開けの連続早出は辛い。

こんばんはふぇざ~です。

先日購入した「デート・ア・ライブ」が大体読み終わったのでちょいと感想でも。
f0176460_20303927.jpg
とりあえず1巻。
この時点でアニメ放送しているわけで大して内容が変わるわけないだろうと踏んで流し読みになってしまいました。
なので感想と言うよりはアニメと比べてみたいなのになってしまうのですが。

読んでみてなんと言うかアニメのほうが内容が濃かったり+α部分があったりとあれれって感じでした。
普通逆な気もするのですけどねぇ。
あとイラストのほうはすごくかわいくて私好みでした><

んー感想と言えない気もしますが1巻に関してはこんな所で。
アニメ放送してしまったから今更感あるのよね・・・
[PR]
by HABATAKEchicken | 2013-05-08 21:02 | 愛読書 | Comments(0)

GWに突入しました。
今回は短めなので少し残念。

こんばんはふぇざ~です。

昨日友人達と遊ぶ約束をしたような気もしなくもなかったのですが何の連絡もなかったので昼から単機で少し遠出を。
その帰りに本屋行って買ってきました。
f0176460_192631.jpg
我ながら少し買いすぎたかも?
財布が薄くなったので少し後悔しなくもないのですが・・・

「デート・ア・ライブ」と「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」買いました><
今期アニメの豊作で特にラノベ枠多いので個人的に大変うれしい限り。
その影響で今回こんな大人買いしたわけですよ。
これに「はたらく魔王さま」をプラスするか3タイトル中2タイトル選ぶかで迷ったのですが好きな順で今回はこの2作にしました。
GW中どころかしばらくこれで楽しめそうです。
[PR]
by HABATAKEchicken | 2013-05-04 19:14 | 愛読書 | Comments(0)

なんか寒かったむちゃくちゃ寒かった。

こんばんはふぇざ~です。

ソードアートオンライン12巻買ったので軽く感想を。
f0176460_19225262.jpg
前回の続きから。
ユージオの目的であるアリスに再会したのはよかったのですが記憶はなく、整合騎士になっていました。
一度は捕まったもののなんとか脱走してカーディナルに助けてもらった所で終わった前回。
今回はその続きからで前半戦はそのカーディナルからラスボスのことやカーディナルの目的なんか聞き、後半戦は100階にいると言うラスボス目指して途中にいる整合騎士たちとの熱いバトルが今回の流れ。

前半戦のカーディナルの話は私には頭の痛くなるような話でした・・・難しい・・・
後半戦のバトルは熱い展開の連続でしたが今回からでてきた「完全支配術」のおかげで超必殺合戦すぎる気もしなくもない。個人的にその辺がちょっとなぁって思いました。
今回はアリスと少しやりあって終わり。
カーディナルの話を聞いてキリトの目的がラスボスを倒した先になりましたね。
ラスボスを倒すだけなら案外早く終わりそうとも思いましたが現実世界の問題とかも全然解決してないしまだまだ続きそうですね。
次を楽しみにしていましょう。
[PR]
by HABATAKEchicken | 2013-04-10 20:13 | 愛読書 | Comments(0)

唇が切れて痛いです・・・
リップクリーム塗り捲っていたのに。

こんばんはふぇざ~です。

織田信奈の野望10巻買いました。
今回はアマゾンの特典がかなり良さげだったのですが悩んでたら面倒になったのでいつもどおりその辺の本屋で。やっぱ通販すればよかったかしら。
まぁとりあえず感想を。
f0176460_21222237.jpg
前回の続きからで半兵衛、官兵衛の傷を癒すために訪れた有馬の湯からスタート。
ロリハーレム風呂を堪能する良晴。両軍師によるスク水とかもうなんでもありだよねこの世界w

そして約束どおり安土城で信奈との逢瀬を果たそうとするものの今回は助けを求めてきたけんにょさんに邪魔されると。
こんな感じで始まった今巻。
本猫寺の反乱であちらこちらで一揆が起こり、それに便乗するように毛利軍も村上水軍で攻めて来ましたね。
帯にも書いてあるように今回は海戦と言うことで織田家の水軍と言えばこの人九鬼水軍率いる滝川左近一益。この巻は一益メインと言ってもいいのかな。

新キャラであり、信奈の新しい義妹の蒲生氏郷ことレオンが登場したことによってやきもちを焼いたり、自分の出生を知ったり2人の姉の間で悩んだりと大忙しの一益でした。
そんな一杯一杯な一益を諭す良晴がかっこよかったです。こんなことしてるからロリっ娘にフラグ立てちゃうんでしょうけどw

三種の神器発動で良晴を帰すか帰さないかを迫られる信奈。帰せば良晴との噂も払拭でき、天下布武の戦を行う大儀名分が立つのですが・・・・結局天下も良晴もあきらめないと宣言どおり帰さなかったわけで。
それどころか天下万民の前でキスしちゃったからもう大変。
上杉武田から完全にロックオンされたわけだし殆どの勢力もだし身内にもね。十兵衛ちゃんとか十兵衛ちゃんとか十兵衛ちゃんとか!!
読んでいて良晴の当初の目的は本能寺の変の回避なんだから帰っちゃだめだろと思ってたのですが帰らなくてもフラグ立っちゃってるね・・・

なんていうか最後のほうは超展開でしたがかなりいい所で終わってしまったのが残念。
次巻も楽しみにしていましょう。
[PR]
by HABATAKEchicken | 2013-03-15 23:59 | 愛読書 | Comments(0)

昨日の帰り、普段30分かからない道のりを2時間くらいかけて帰りました。
雪国の恐ろしい所。

こんばんはふぇざ~です。

今週と言うか先月から楽しみにしていたハイスクールD×Dの14巻が発売したので買って来ました。
いつもならフライング販売してくれるお店がやってくれず珍しく当日購入に。
近場のTUTAYA3件まわって1冊だけあったのでなんとか購入。
人気ないのかなぁ・・・
f0176460_12323984.jpg
と言うわけで念願の14巻が手に入ったぞ。

ネタバレ入った感想を。
前巻の短編集を挟んで新章スタートと言うことで今回の話のキーワードは「魔法使いとの契約」と「吸血鬼」ですかね。
話の冒頭から魔法使いとの契約の話が始まったのですが今回は魔法使い協会の理事の方と会談してだいたい終わり。理事の方から候補者の書類貰ったので書類選考段階と言う所でしょうか?
ただヴァーリチームの黒歌とルフェイも兵藤家に勝手に住みついたのでイッセーとはなんだかんでルフェイと組むような気が私はしますね。
契約の話はこれから吸血鬼の話がでかくなりそうなのでそっちを終わらせてからやるのかその過程でところどころやるのかわかりませんが今回はさわり程度でした。

で、話がでかくなりそうな「吸血鬼」のほうはと言うと。
吸血鬼の2大派閥のひとつ、カーミラ派のエルメンヒルデ(エルメ)との会談から。
エルメの来訪の目的はもうひとつの派閥から神滅具の所有者がでてこちらに攻撃してきて粛清したいからギャスパーを貸せと言うもの。
ただこのエルメってのがまたひどい吸血鬼で。
同じ吸血鬼のギャスパーのことはハーフというだけで雑種と罵るわ言ってることは自分達の都合ばかりでプッツン寸前のオカルト研究会の面々。
しかもギャスパー貸したら3大勢力との和平を結ぶと脅しのような条件付き。
断ればこっちの評判が悪くなるから半ば応じるしかない状況に。
そんな中、神滅具の所有者であるヴァレリーを助けに行くとギャスパーが自ら立ち上がります。
その決意に押されてかリアスも吸血鬼の所に行くことを決意します。
とりあえず先発隊としてリアス、木場、アザゼル先生が吸血鬼の国へ。
今回の吸血鬼の話も魔法使いの契約と同じくさわり程度だったかもしれませんね。
次巻から本気ですかね?なんにしても他種族を下に見る純粋な吸血鬼相手には大変な思いしそうですね・・・

このあと3人が出発した駒王学園を禍の団+魔法使いの構成チームが襲います。
攫われた後輩トリオを救いにオカルト研究会+生徒会が大暴れ。
オカルト研究会のメンバーはもちろんだけど生徒会のメンバーもなかなか。
特に会長の指揮能力高すぎ。匙の能力もなかなかだし、生徒会に限らず他のチームもそうだけどグレモリー眷属個々の性能が高すぎるだけなんですよね。
3人を救出したあと敵のリーダーが滅んだはずのドラゴン、グレンデルを呼び出し襲い掛かります。
これはヤバイとイッセーはイマイチ調子のでないドライクを呼び出しますがなんと「おっぱいドラゴン」の影響で幼児退行してしまっていましたね><
ヴリトラの助言でもう一体竜王が必要ってことでアザゼル先生から受け継いだファーブニルをアーシアが召喚。
しかしファーブニルに動いてもらうにはアーシアがパンツを献上しないといけないとか・・・
イッセー側のボケと敵側のツッコミも絶妙で思わず吹いてしまいました><
この14巻では大半がシリアスパートだったせいか最後の最後でのこれはかなりききました。
シリアスな場面もいいですが超絶的なアホ展開があってこそのハイスクールD×Dだと改めて思い知らされましたね。
このあとはアーシアの犠牲で復活したドライクとイッセー達がグレンデルを退け、敵のリーダーも自分はグレイフィアの弟のユーグリッドと正体明かして去っていって今回は終わりと。

今回は新章と言うことで話のさわりって所でしたね。
次巻から細かくやっていくのでしょう。
それにしても伝説のドラゴンが次々堕ちていってますね><
ほぼイッセー君のせいですが。
なんにせよこの14巻も楽しませてもらいました。
次巻も楽しみですね。
[PR]
by HABATAKEchicken | 2013-01-19 23:59 | 愛読書 | Comments(0)

朝から気分が悪く仕事休みたかったのですが休めるわけもなく我慢していきました。
この体調で雨にうたれながらの仕事は辛かった。

こんばんはふぇざ~です。

「織田信奈の野望外伝 邪気眼竜政宗」を買いました。
先月発売だったはずなのに気づけば延期で、20日発売かと思ったら昨日売ってたので仕事中だったけど買っちゃった><
早く仕事終わらないかと待ち遠しかったです。
読み終わったので軽く感想を。
f0176460_20102559.jpg
内容は伊達政宗こと梵天丸が奥州の覇者となり、関東遠征を決めるまで。

1ページ開いていきなり直江兼続のカラーイラストであれれーと思ったら今回のサブ主人公っぽいポジションでしたね。まじめキャラかと思ったら結局馬鹿キャラになってましたが。
今回のメインである伊達ファミリー。本編では酷い人だと思われた母親義姫でしたが実は梵天丸を愛してるからの行動でいい人でしたね。まぁ読んでるこっちは完全にギャクで笑うところでしたが。でもって結局馬鹿キャラ。叔父はキモイシスコンだしね。父親の輝宗はいい人。この人まで馬鹿キャラだったら伊達家おわってたんじゃ・・・と思わせるくらい他が馬鹿ばっかりでした><

堺で良晴に教えられた邪気眼使っての知略戦。敵に瞳見せて呪うぞ的に簡単に終わらすのか思ったらちゃんと作戦とか考えるあたり読んでておもしろかったと思いました。よく練られた知略戦とやってることのアホらしさとの両方の意味で。兼続とやりあうところなんかホントひどいよねw

最後の最後で待ってましたの上杉謙信の登場。なんと挿絵付き><
有名な兼続の「愛」の兜の由来もこのシリーズだと・・・・あれでいいのかw
最後に織田との決戦フラグも立てちゃったし本当に今後の本編が楽しみでしょうがないです。

今回も楽しませてもらいました。おもしろかったです。
[PR]
by HABATAKEchicken | 2012-12-18 21:39 | 愛読書 | Comments(0)