2017年 09月 22日 ( 1 )

コンビニのレジに並んでいた時、前の学生が一番くじで良い物を当てたらしく騒いでいました。
「うれしいのはわかるが早くどいてくれ」と思っていたら私と顔が合いなぜか激しく謝られましたw
かなり嫌そうな顔をしていたのだろうな私・・・

こんばんはふぇざ~です。

織田信奈の野望 全国編の19巻を読んだので感想を。ネタバレありです。
f0176460_20465210.jpg
前回、日本を2つに割って戦った関ヶ原の戦いが幕を開け、歴史の強制力に苦しむ良春でしたが仲間たちの助けもあり困難苦難を乗り越えて敵にしろ味方にしろ拾ってきた実を何一つ落とさずに目的だった信奈を天下人へとすることができました。って所でしたね。
このシリーズも終わりが近くですががんばって感想書いて生きましょう!!

関ヶ原の戦いで勝者となり天下人となった信奈は全国の大名を呼び寄せ戦後処理のため会議「清洲会議」を開くのでした。
一方良晴はと言うと関ヶ原が終わったことと信奈を天下人にしたことで気が抜けて信奈そっちのけで再建したうこぎ長屋でねね、妹軍団、家臣たちと言った面々とイチャコラやっていたらいつ夜這いに来るかと待っていた信奈が嫉妬の嵐で魔王化待ったナシ!!
f0176460_20492728.jpg
しかも隆景や家久、謙信と言った良晴から身を引いたのに周りがせめて側室にと騒ぐ勢力、思惑はそれぞれですが他の勢力も良晴の側室制度支持していることが信奈にばれて良晴を独占したい信奈は清洲会議で大暴れ。
せっかく採点お姉さんこと長秀が無難な国割りしてくれたのに良晴の大奥はぁれむ候補と言うだけでひどいお仕置きされることにw
合戦がやっと終わったのにまた戦わされる十兵衛やそのあおりをくらって尼子再興できなくった鹿之助、勝利組として戦ったのに国を取られる大友、島津とやりたい放題の信奈はまさに魔王!!
なんかこの収拾の付かなくなったドタバタコメディギャク感はやっぱり好きですねw
「織田信奈の野望」はやはりこうでなくてわ><

こんな状態になった状況を止めたのはなんの今川義元。
この人、お笑い担当と思いきやここぞと言う所で有能なんですよね。
今回も最後の反逆勢力である北条を昔の好ということで裏で無血開城の説得していたりとね。
その義元が報告してきた情報で状況は一変。
その情報はと言うと色んな国による連合軍「黄金十字軍」が襲来したと言うことでした。

きっかけはすっごーい昔に梵天丸が何気なしに送った書状なのですがそこから信奈が現状生きていることやガスパールは実は異端者だったとかいくつもの要因がかさなってこうなってしまったらしいです。
なんかここからエリザベスとかメアリー・スチュアートとかのエピソードが始まってまさかの全国版からの世界版に!?
・・・とも一瞬思ったのにさすがにないですよねw

良晴、細川藤孝、ガスパールといった未来を知っていた面々もこの状況は予想できずここからは絶望的に。
そんな中、信奈だけはこの状況に臆することなくむしろ楽しむが如く自体に対応しそれを見ていた面々も信奈についていこうと気持ちをひとつにするのでした。
って言う所で今回は終わり。
f0176460_20492756.jpg
今巻で終わりかと思って「俺たちはこれからも戦い続ける」ENDだと思ったらあとがきにまだもうちょっと続くと書いてありましたw
今回は久々にお笑い回で本当に楽しませてもらいました。
おもしろかった><
今回が最後と思っていたので読みながら最後に一歩づつ近づいていると思っていたのでなんか拍子抜けでしたねw

次が最後とも明言していないのでなんだかんだでしばらく続きそうですね。
あくまで私の感ですが。

と言うわけで次回を楽しみに待っていましょう。
今回はこんな所で。ではでは。


[PR]
by habatakechicken | 2017-09-22 23:59 | 愛読書 | Comments(4)