暑くてたまらないと思ったら大雨で窓も開けられなくて茹だっていました。
ちょうどいい日はないのか・・・

こんにちはふぇざ~です。

発売日を来月だと思っていた「転職アサシンさん、闇ギルドへようこそ!3」を急遽買ってきて読んだので軽く感想を。
f0176460_13061997.png
人々から嫌われている職業で構成されているギルド「ジーサス・スプラッタ」でこれまた嫌われている職業アサシンで活動している主人公ユウトが仲間たちと織り成すドタバタコメディの3巻。

今回は冒険者の街を間諜任務で派遣された魔族の少女デステリアと魔王軍討伐を掲げる勇者一向を巻き込んだ大騒動のお話でした。
魔族を悪と決め付ける街の人たちと勇者一向から魔族の少女デステリアを守るため人々からどう思われようと顧みず自分の思った正義を貫くユウトが熱くてかっこよかったです。
夢だった勇者一向に加わって魔王軍討伐をするという目的も最終的には勇者との戦いを経てこいつら(ギルメン)とならどんなことでもやり遂げられると言って勇者一向に加わるのではなくギルメンと旅立つというきっと相変わらずの毎日なんだろうと思わせるような最後でしたw
と言うより最後まで読んで今回で最終巻だったのに気づきましたわw

笑いあり熱い展開ありと個人的には好きな作品でしたがいかんせん知名度がでなかったみたいですね。
なんか打ち切りっぽい展開で終わってしまったのが残念です。
もうちょっと続けてほしかったですね。

作者さまの次回作に期待しておきましょう。
今回はこんな所で。ではでは。


[PR]
by habatakechicken | 2017-07-23 13:27 | 愛読書 | Comments(0)