映画「相棒 劇場版IV 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断」見てきました。

出勤日の関係で今週で週2休みしばらく週1に。
辛い・・・辛すぎる・・・

こんばんはふぇざ~です。

公開されたばかりの「相棒 劇場版IV 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断」を見に行きました。
タイトルながっ!!
f0176460_12085714.jpg
劇場版相棒も気づけば4作目。
なんだかんだで全作劇場で見ているんですよ私。
テレビ版のほうが反町隆史が演じる冠城亘に代わってからなんか違うなと思いまったく見なくなり今回の作品も米沢さん鑑識やめてたりとかついていけないことがあったり。
なので今回はなしかと思いましたが付き合いで見てきました。

ネタばれはなしの簡単な感想を。
見た感想ですが上で書いた通りテレビ版見ていないとついていけない部分がありましたがおもしろかったと思います。
劇場版の相棒に毎回思うのが組織の上に陣取っている人間は糞野郎ばかりってことですね。
前3作も内容をだんだん思い出せなくなってきましたがこれだけは覚えているんですよね。
今回も相変わらず日本を支配している人間たちはクズばかりでした。
逆に敵側であるテロリストたちは法律的には許されないことをしているのですがこちら側のほうが人間らしさがあって味方したくなっちゃうんですよ。
言っている台詞もいつかこの平和な日本にも起きるかもしれないことだったり私自身考えさせられることばかりでした。

テレビ版見ていないとなかなかわからないと思いますが興味ある方はぜひ見てほしいです。
今回はこんな所で。ではでは。


[PR]
by habatakechicken | 2017-02-12 23:59 | 日常 | Comments(0)