デート・ア・ライブ 11巻 感想

かなり久々のラノベの感想文になりますね。
私個人はそんなに空けた感じはしないのですが。
新しいシリーズ開拓時ですかね?

こんにちはふぇざ~です。

デート・ア・ライブ11巻を読んだので感想を。ネタばれありなので嫌な人はバックで。
f0176460_1124153.jpg
前回はエンジェルでしたが今回はなんとデビル。
ただ表情からこっちのほうが天使っぽいのですけどね。

前回反転した折紙に対して成すすべがなかった士道。
その直後狂三の能力で5年前に飛ばされてって所から。

5年後に戻せと言う士道に対して狂三の歴史をなかったことにする計画を聞いて俄然やる気の士道ですがそこで見たものは自らの攻撃で肉片にしてしまった両親を前に絶望する5年前の折紙。

そんな絶望している折紙に士道が
「おまえの哀しみは俺が引き受ける・・・! おまえの怒りは俺が受け止める・・・!
迷ったなら俺を頼れ! どうしようもない事態に直面したら俺を使え! 全部、全部俺にぶつけてくれても構わない! だから、だから」
「絶望だけはしないでくれ・・・ッ!」

と主人公らしく士道君カッコよすぎ><

でそんな士道に折紙は
「私の涙はあなたに預けます。私の笑顔はあなたにあげます。喜びも、楽しいことも全部あなたが持っていてください」(台詞長いので端折ります)
と・・・
このことが5年後の感情のない人形のようで士道に異常なまでの執着心をもった折紙を形成してしまったのですよね・・・なんか悲しい。

この時点で未来が決定してしまい歴史改ざんに失敗・・・
もう一度やり直すには士道の中に5年分飛ぶだけの霊力が残っていないと言うことで5年前にいる状態で飛べば少ない霊力ですむと言う方法を見出し5年前の狂三に接触。
f0176460_113686.png
今と髪型と服装が違いますね。私は5年後ほうが好みかな。

ここでの士道と5年後の狂三とのなんで「眼帯なんかつけているんだ」「気にするな」の問答がおもしろかったですね。
たぶん中二なんだったんだと思いますがw
5年前の狂三との別れ際に眼帯似合っているとか言っちゃってるし絶対これフラグ立てちゃっていますよね?

5年前の狂三の「十二の弾」で少し前に戻った士道はファントムをいなければ事が起きないんじゃないかと今度はファントムに接触。
f0176460_1132756.png
なんと今回はファントムの姿が公開と思いきや士道と会話するために仮の姿だそうです・・・
私はやったことないのですがゲーム版のヒロインらしいですね。
本編には関係ないと思うのでたぶんサービスなのかな?

とりあえずファントムと交渉するものの失敗に終わるのですが去り際にファントムに触れられて士道がこの少女の姿をした「何か」を知っているやファントムが士道に向けて「もう絶対離さないから。もう絶対間違わないから」と言っている感じなんかは今回で物語の確信に近づいてきた感じがありましたね。
本当に今後の展開が楽しみになりますね。

で、ファントムとの交渉に失敗し士道がとった行動とは折紙の両親を突き飛ばして自分が流れ弾に直撃と言うごり押し戦法。
前半戦長々やった割には結果こうなるとは士道君らしいのでしょうかね?

歴史が改変された世界の日常には折紙の存在がなくきっとそれは両親とどこかで幸せに暮らしているからなんだとうれしくもあり寂しくもある士道。
そんな改変された世界では今までいなかった精霊狩りの精霊「デビル」の存在がありなんとそれが折紙。
しかもその折紙が転校してきたからさぁ大変。

と、ここから恒例のデートによる攻略戦の幕開け。

いつもだったらラタトスクメンバーによる三択による行き先の決定なのですが今回は士道の判断でラブホ行ったり精力剤や媚薬売ってる危ない薬屋行ったりと士道自体は至ってまじめにやっているのに琴里にふざけいるのかと問答やっているのがおもしろかったですねw
改ざんされる前の世界の折紙を知りない人からすれば当然なのですが。
f0176460_1134753.png
そんな折紙もデビルの影響で薬屋で精力剤買おうとしたり服屋でスク水犬耳やったりレストランで士道のスプーンペロペロしようとしたりと・・・
改変されてまともな折紙をすごい可愛いと思ったのに・・・・結局安定の折紙でしたね。

無意識の内にペロペロしようとして「静まれ私の右手」あたりは笑わせてもらいましたw
士道のほうもこの状況目の当たりにしてもいつものことだからで済ませるから耐性つきすぎw

このあとに後一歩で封印できるかなって所で折紙をかばってせいで怪我をしてしまいそれでイフリートの再生能力が発動。
誘発されるように折紙のデビルも発動してしまい結局バトルへ
ヒロインズの力を借りてなんとか折紙をとめようとする士道。

その戦闘の中で折紙は2つの記憶を持っていることに気づき改ざんされる前の記憶で両親や街の人たちを殺したことを「なかったこと」になったからと言って忘れて良いのか許されるのかと苦しむのですがそれを士道が
「おまえが何度世界を壊そうが、俺が必ず何とかしてやる! 何度絶望しそうになっても俺が必ず助けてやる・・・!」
「だから、手を伸ばしてくれ! 俺にはおまえが必要だ!」
と何回もも言うけど士道君はカッコいい><
ですがこれどう見てもプロポーズですよね^^

これで解決したと言えばそうなのですがなかったことになったとは言え折紙は両親や街の人たちを殺したと言う罪を背負っていかなければならないし士道もその事実を自分勝手に改ざんしたこと忘れてはいけないと言うのは考えさせられましたね。
ハッピーエンドだったけどこういうところを有耶無耶にしないのはとてもよかったと思います。

そんでもって変態の折紙さん復活。士道が預かったものを返したとは言え、綺麗な折紙さんはもうもどってこないのだろうなぁ・・・
と、言うわけで例のごとく所々端折りましたが大体こんな流れです。

これで折紙がハーレム入りしたことによって名前の漢数字で欠番しているのが2と6。
単純に考えれば7巻の最後のほうに狂三が言っていたDEMに囚われている世界で2番目に確認された精霊とその精霊が知っている始源の精霊の2体なるのでしょうか?

今回士道とファントムが対峙したことによってなんとなくですが物語が進んだような気がしましたね。
先の展開が本当に楽しみです。

次はアンコール3の発売とのことなので時期的に12巻は来年に入ってしまうのでしょう。
少し長いですが楽しみに待っていましょう。それでは。
[PR]
Commented at 2014-12-08 21:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-12-09 21:19
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by HABATAKEchicken | 2014-09-21 17:36 | 愛読書 | Comments(2)