ハイスクールD×D 17巻 感想

D×Dの発売日だーと仕事中にも限らず本屋に走るものの売っておらず・・・
まだ並んでないのかな?と思うものの同社の他の新刊はあるからあら不思議。
帯に当たり前のように「おっぱい、おっぱい」かいてあるから店員が規制品扱いしたかと思ったりも考えたのですが売ってる所には山積みされてるんですよね・・・
なぜだ??
そんなこともあってやって読み終わりました><

こんばんはふぇざ~です。

ハイスクールD×D17巻読んだので感想書きましょう。
f0176460_9135974.png
ネタバレはありです。
今回はメインはロスヴァイセ。とソーナ会長が主軸で作られた学園のお話です。

その学園のでの講演と魔法使いの集会と言う名目で故郷からでてきたロスヴァイセの祖母ゲンドゥルがイッセー宅訪問。そこでゲンドゥルはイッセーを見て彼がそうなんだね?と言う問いにそうです。と答えるロスヴァイセ。気づいたら偽の彼氏にされてて成り行きでデートすることに><
しかもデートの内容が百均めぐりとか彼女らしいというかなんというかそこがかわいい。
そんな中2人の前に現れたのがユーグリット。
かつてロスヴァイセが「666」を題材に書いた論文に興味をもちロスヴァイセを狙ってるとか。
ここでユーグリッドの挿絵が入るのですがんーちょっとイメージ違ったかなとね。

舞台が変わってソーナ会長が作った誰でも通えるレーティングゲームの学校「アウロス学園」に。
そこの開校前に体験入学の手伝いに呼ばれたグレモリー眷属。
そこでサイラオーグが自身の生まれてきた意味を匙が先生と言う夢をロスヴァイセが魔法とはなんなのかを感じたのではないでしょうか?
私自身読んでいて少しウルってきました。特にサイラオーグ。これ死亡フラグたててるんじゃないの?ってくらいにね。

そんな所に現れたのがクリフォト!!
魔源の禁龍アジ・ダハーカが魔法使いの力を封じ、今回初登場の宝樹の護封龍ラードゥンの結界が完全に外界と隔絶。さらにはロンギヌス「紫炎祭主による磔台」の所有者紫炎のヴァルブルガまで・・・
1体でもめんどうな邪龍をまたも・・・クリフォト側の戦力強化がひどいねこれ><

今回の戦場が広くコンビを組んで分散するD×Dの面々と体験入学に来た子供たちの親たち。
大した戦力にはならないのだろうけどわが子の命と夢のために戦場の向かう場面はくるものがありますね。
そんな中学園を破壊しに、邪龍のグレンデルとラードゥンが。
その対処にイッセー、小猫、匙、仁村で戦うのですがこの中でまともに邪龍と渡り合えるのがイッセーくらいしかいないのにそのイッセーはラードゥンの強固の結界から脱出できず、この間にもグレンデルが学園に。
匙もボロボロになりながらしがみつくもののまったく歯が立たず万事休すかと思われたところに颯爽と応援に駆けつけるサイラオーグ。
量産邪龍共をけちらして登場とかかっこよすぎる><

ここで何かの作戦かラードゥンは撤退。
イッセー、サイラオーグの近接最強クラスに2人の攻撃で追い詰められるグレンデル。後一歩で倒せるってところでヴァルブルガの横槍でサイラオーグが致命傷を負いピンチに。
追い詰められたグレンデルは逃走しようとするのですがそれをさせまいとサイラオーグ。最後はイッセーと野一撃でついに強敵グレンデルを倒しましたね。
読んでる途中でサイラオーグ死んだなぁと思っていたのですがそんなことはなくてよかった・・・
このあと小猫がグレンデルを封印。小猫は今後こういう役回りなのかな?

学園前に合流したD×D一同。
そこにヴァルブルガの容赦ない攻撃が学園に・・・
ヴァルブルガの炎を自らの体で盾にする匙。紫炎に焼かれながらも先生になるという覚悟でついに待ちに待った禁手化!!
ついについにきましたよ。匙の禁手化「罪科の獄炎龍王(マーレボルジェ・ヴリトラ・プロモーション)」
挿絵で鎧化した姿が書かれているのでぜひぜひ見てください><

それと同時になんとイッセーも白龍皇の力を使えるというチート強化キター。
今巻の冒頭でドライク達は歴代白龍皇と和解するために神器の奥に行っていたのですが現赤龍帝被害者の会を設立されてしまい難航・・・
それを解決したのがなんとファーブニルによる尻洗脳。
それによって和解したのだけどそんなので長き渡る二天龍の戦いの集結でいいんだろうかと思うけど平和ならいいんだよね。パンツによってだけど><

と言うわけで今回最後の戦い。
ロスヴァイセをかけたユーグリットとの一騎打ち!!
基本能力はユーグリッドのほうが上ですけど今回のチート強化での新必殺技「ロンギヌス・スマッシャー」でえ・・・って言うくらいあっけなく倒しちゃった。
個人的にはラスボス候補でもあっただけに拍子抜けでしたね。イッセー君が強すぎるのがいけないのかな。

ともあれユーグリッドはロスヴァイセを「私の姉になれるかもしれない」とか「姉上、そんなに赤が好きなのですか? 私も赤になったのですよ」って最後まで姉ちゃん姉ちゃんでしたね。
どんだけシスコンなのかと・・・・レプリカブーステッドギア作った理由もまさかこれかな?

なにはともあれ所々端折りましたが今巻は大筋こんなところ。
ロスヴァイセ回と言うことでしたが言うほどロスヴァイセ目立ってなかったような?
ロスヴァイセ好きなので少し残念でした。

次はイリナ回だそうです。
楽しみに待ってましょうね。それにしても久々に長文書くと疲れる・・・
[PR]
by HABATAKEchicken | 2014-02-23 13:49 | 愛読書 | Comments(0)