デート・ア・ライブ3巻 感想

自動車税が来ました。
余計な出費が痛いです・・・

こんばんはふぇざ~です。

昨日に引き続き3巻の感想を。
f0176460_8531410.jpg
アニメ放送に追いついたので3巻からは本気出すってことでネタバレあるのでご注意を。

第3の精霊「時崎狂三」が転校して来る所から始まる今回。
自己紹介で「精霊です」なんて言ってしまうものだから士道君は大慌て。
早速接触を試みるものの狂三に主導権握られっぱなしで士道はアタフタ。
これだけなら狂三かわいいよ狂三なんでしょうけどね><

そんな中
f0176460_937831.jpg
もう1人の新キャラで士道の実の妹と名乗る「崇宮 真那」という少女も現れる始末。
お兄ちゃんは大変です。

なんとか狂三とのデートまでこぎつけるもののぜんぜん構ってもらえない十香のテンションが↓↓
クラスメートの助けを得た十香がデートに誘ってきてさぁ大変。
しかも折紙も誘ってきたものだから・・・
f0176460_8531979.jpg
デートと名ばかりの本当の戦争が始まった・・・
士道1人で3人を同時に相手にしなければいけないこの状況。
30分したら別の女の子の所を繰り返して士道はがんばるのですが普通トイレに行って1時間帰ってこなかったらバレるだろうと・・・

そんなデート中に狂三が人殺しをしている所を目撃してしまった士道は狂三は救えないとへこたれちゃうのですよ。
しかも真那が狂三を殺そうと追っていたのが分かり、なんとかしたいけど体が動かない・・・
そんな時に十香に励まされて再び狂三を、そして真那を助けようと立ち上がる士道。
さすがはメインヒロインですね。

狂三と再び対峙する覚悟ができた士道ですが
f0176460_8532555.jpg
狂三の圧倒的な能力の前に手も足もでず・・・
その狂三の能力ってのが名前から分かるように「時」、時間ですね。
「時」とパッと思いつくのがJOJOのザ・ワールドですが狂三の場合「過去の再現体を大量に持ってくる」能力。
大量にワラワラしている所だけ見ればfateZEROのライダーの宝具にイメージ近いのですかね。
一応武器である銃で対象物の時間を進めたり止めたりできるみたいですが一番の特徴はこの再現体。

この能力によって手も足もでない士道達。
士道が食べられそうって所で第4の精霊が助けに来て今巻は終わり。

んーアニメは登場キャラだけ見るとこの3巻で終わりなんですよね。
ただ最後の狂三戦だけオリジナル展開にして終わらすのかな?
なんにせよこの巻だけやたらと人死んじゃってますがアニメのほうはどうするんだろう?
アニメのほうはアニメのほうで楽しみです。
[PR]
by HABATAKEchicken | 2013-05-10 23:59 | 愛読書 | Comments(0)