あっぱれ!天下御免[祭] 感想

良い天気だったのはあまり関係ありませんが大掃除してました。
と言っても普段から結構マメにやってるのでPCの中とか机の裏とかそういうところちょっとやったくらいでしたが。

こんばんはふぇざ~です。

BaseSonの最新作「あっぱれ!天下御免[祭]」をやったので少し書いてみる。

f0176460_925146.jpg
前作の「あっぱれ!天下御免」のファンディスクである今作。

メイン的な話が学園祭で裏では本島から来た監査役が悪さしてたり、仕打ち人が暗躍してたり、その中で主人公たちがまた走り回る話。

ファンディスクと言うことで個別ルートはなく一本道。学園祭1日目=1章、2日目=2章ってな感じで章の間に個別イベント見ていくってシステムでした。

こっから感想を。
始まってすぐOPが流れたのですがまさかのアニメーション入り。テンション上がりました><
今回は珍しく発売前にOP見なかったので思わず「おぉ」ってなりましたね。
惜しむべくは私のPCのグラボが限界なのかやたらとアニメが荒くなってしまうのですよね・・・
時代遅れのレベルなので買いどきなのかぁ。

1章終わって主人公が色んなヒロインのやっちゃってるけど全ヒロインと関係もってる前提の話だったとはね。
主人公どんだけもてるねんってつっこんじゃいましたw
本編からすると一部キャラ壊れてるし(エロい方向で)ホント面白い方向でやりたい放題でしたね。
おもしろかったからよかったですが。
ヒロイン達もあんなに多いのに平均的に活躍してたしエロあったしよかったんじゃないかと。

ただ個人的に残念だったのが最終章。
せっかく学園最強陣営で忠臣蔵打線組んで敵陣地乗り込んだのに敵が弱すぎる。まぁモブ雑魚集団だし。
顔ありの中ボス的存在のやつらは仕打ち人トリオが掻っ攫っちゃてるしね。(個人的に仕打ち人イベントもう少し多くしてほしかった。)
最後のロボットによる怪獣大決戦。人間置いてけぼりで〆るのもなんかなぁ・・・
ここにきて剣魂設定いらなかった気もするのですよね。

色々書きましたが総合的に見て面白かったと思います。
BaseSonはこのままあっぱれでしばらく引っ張るのか新しいシリーズ作るのかはわかりませんが引き続き楽しみにすることにしましょう。
[PR]
by HABATAKEchicken | 2012-12-29 23:59 | ゲーム | Comments(0)