ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2

祝日のない6月を乗り切り、久々の祝日。
そして3連休。

こんばんはふぇざ~です。

と言う訳で1日目の今日は「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」見に行きました。
今回は完結篇。
この作品もなんだかんだで10年続いたみたいです。

軽いネタバレ含みつつ感想を少し。
正直言うとここ2.3作品あんまおもしろくなくて惰性感があったのですが
今回はホントおもしろかった。
色んな伏線を回収しつつ、最後はハッピーエンドで終わったのはよかったのですが
シリーズとうしてどうしても言いたいというか突っ込みと言うか。

まず「ドラコ・マルフォイ」の存在。
「賢者の石」からライバル的存在のこの人ですが
回を増すごとに存在が薄れ微妙キャラになりつつも
今回はなんかやってくれると信じてました。
今回だって途中火の海からハリーに助けられて
改心し、いっしょにボルデモートと戦うと信じてたよ。
ハリーがマルフォイの杖もってたのはこのための伏線だと思ってたし。
なのになのに最後のほうで混乱に乗じて一家揃って逃亡って・・・
ホントこの人の存在ってなんだったんだ・・・

そしてもうひとつ。
なんでハリーはロンの妹ルート突入してるの?
シリーズとうして見てきた私としては普通にハーマーオニーとくっついてほしかった。
てか途中でアジア系の女の子といい仲になってたけどどこいった?
最近のハリー見てなんでこいつロンの妹とチュッチュしてるの?と思いながら
最後にはロンが死んでハーマイオニーはハリーとくっつくと信じていたのに
結局はロン妹エンド。 うわーん・゚・(ノД`;)・゚・

ハリーポッターシリーズでここだけは納得いかんわ。
[PR]
by HABATAKEchicken | 2011-07-16 23:59 | 日常 | Comments(0)